engadget

本日完了したヤフー(Zホールディングス)とLINEの経営統合。その戦略方針を説明する記者会見で、両社のスマホ決済「PayPay」と「LINE Pay」の今後が明かされました。

発表によると、2021年4月以降、全国300万か所以上の「PayPay」加盟店のうち、ユーザースキャン方式(MPM)加盟店において、「LINE Pay」で支払えるようになります。

engadget

加えて、2022年4月に「LINE Pay」の国内QR・バーコード決済を「PayPay」に統合すべく協議を開始しました。また、LINEウォレットからPayPayを利用できるようにします。なお、この統合は必要な法令上の要件を満たすことが条件としています。

また、グローバルでは台湾を中心に「LINE Pay」がユーザーに浸透していることから、アジア主要国をはじめとするグローバルでは「LINE Pay」のサービスを継続します。

engadget

また、フィンテック分野では「買う」「予約する」「支払う」といったユーザーのアクションにあわせて、ローンや投資商品・保険などニーズに合った最適な金融商品を提案する「シナリオ型金融」を拡充します。

(更新中)