Pavlo Gonchar/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

YouTubeは動画の「低評価数」を本日より順次非表示にします。これによって、視聴者は低評価数を確認できなくなりますが、低評価ボタン自体は存続します。

これは、狙った動画の低評価数を不当に引き上げるハラスメント行為、いわゆる「低評価爆撃」を防止する対策の一環です。

YouTubeは今年前半に、動画の低評価数を非表示にする実験を行ったところ、視聴者がいたずらに低評価数を引き上げるハラスメント行為が減少したことを確認。そのため、YouTube全体への実装に至ったといいます。また、こうしたハラスメント行為は、主に小規模のクリエイターが対象になる場合が多かったとのこと。

ハラスメント対策はYouTubeだけでなくSNS各社が注力しています。なお、同変更のロールアウトを順次としていて、筆者の環境ではまだ低評価数が確認できます。

Source:YouTube