engadget

ワイモバイルがソニー製スマートフォン「Xperia 10 III」を6月中旬以降に発売します。

「Xperia 10 III」は、手頃な価格かつ軽くて持ちやすいサイズ感を重視したスマートフォンです。

ディスプレイは6.0インチ 21:9の有機ELで、ミドルレンジのXperiaとして初めてHDR表示に対応。縦長の大画面ではありますが、ベゼルを縮小したことで横幅を68mmに抑え、片手での操作性を高めています。

engadget

バッテリー容量は3600mAhから4500mAhへ大幅増量。先代の「Xperia 10 II」比で筐体サイズを縦に3mm、横に1mm小型化したにも関わらず、バッテリーの増量を実現しています。これにより、5Gに対応しながらも長い駆動時間を実現しています。

本体の仕様は、クアルコムのSnapdragon 690、6GB RAM、128GBのストレージなど。

製品の詳細は発表時の記事もご覧ください

ソニー Xperia 10 III発表、ミドルレンジ初の「5G」と「HDR表示」に対応