ソフトバンクとウィルコム沖縄は、サブブランドの「ワイモバイル」で5Gに対応する新料金プランを発表しました。提供開始時期は2021年2月です。

月額料金は、月間データ容量3GBで1980円(税別、以下同)のシンプルS、10GBで2980円のシンプルM、20GBで3780円のシンプルLを用意します。

いずれも“かけ放題”などの通話定額は含まれませんが、10分以内の国内通話が無料になる通話オプション「だれとでも定額」(700円)、10分を超える国内通話が無料になる通話オプション「スーパーだれとでも定額(S)」(1700円)に別途、加入できます。

新料金プランの提供開始にあわせて、現在、提供している「スマホベーシックプラン S」「スマホベーシックプラン M」「スマホベーシックプラン R」および「新規割」は、新規申し込みの受付を終了します。

なお、既存の料金プランを契約している人は、受付終了後も継続して利用できます。2021年2月以降、順次、5Gにも対応し、追加料金は不要としています。

このほか、2021年3月から「スマホベーシックプラン R」の月間のデータ通信容量を20GBに増量し、月額料金を4480円に値下げします。