YouTubeにビデオチャプター機能が追加。特定部分にジャンプしやすく

やっと実装されました

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年05月29日, 午前 11:20 in YouTube
0シェア
FacebookTwitter
YouTube
Anadolu Agency via Getty Images

YouTubeは5月28日(米現地時間)、動画の特定部分を見つけやすくする新機能「ビデオチャプター」を追加したと発表しました。現在すでにAndroid、iOSおよびデスクトップ版で利用可能となっています。

本機能はクリエイターらが動画内に挿入したタイムスタンプを使用し、そこにジャンプできるというもの。チャプターは動画プレイヤーの下部に表示され、指先やマウスで微調整することなく正確にスキップできます。

Blu-rayやDVDでも親しまれ、これまでYouTubeになかったのが不思議なくらいだった機能がようやく実装されました。2020年4月からテストしていることが公式発表されていましたが、全てのユーザーが利用できるようになったかたちです。

このビデオチャプター機能はオプションであり、クリエイターがチャプターを含めることを選んだ場合のみ表示されます。具体的にはディスクリプション(動画の説明文)内の最初のタイムスタンプを0:00から始め、タイムスタンプまたはチャプターを3つ以上入れ、それぞれのチャプターが10秒以上であれば有効となります。

ユーザーにとっては時間の節約となり、クリエイターとしても面白い部分を強調して再生回数を増やしやすくなるはず。あくまで「クリエイター側がそう設定した場合」に限られるため、記事執筆時点ではほとんどの動画で使えませんが、広く普及を期待したいところです。

Source:YouTube(Twitter)

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: YouTube, Google, videostreaming, news, gear
0シェア
FacebookTwitter