YouTube
Anatoliy Sizov via Getty Images

YouTubeが、動画につけられた低評価の数を非表示にするテストを開始するとし、新しいインターフェースデザインを公開しました。低評価ボタンを押すことはできますが、視聴者はその総数を確認できません。ただし、クリエイター側はYouTube Studioから低評価の数を把握できます。

このテストは、クリエイターからの「well-being and targeted dislike campaigns」のフィードバックを受けてのもの。

低評価は、視聴者側からの意思表示手段ではありますが、これを悪用し、集団で低評価を大量に付けるなどの嫌がらせも存在しています。低評価が多いと、YouTubeのお勧めに表示されにくくなるなどの不利益が発生してしまいます。このため、YouTubeでは2019年1月、低評価ボタンそのものを表示しないことを含むいくつかの案を提示し、クリエイターから意見を募っていました

このまま低評価のカウントが非表示になるのか、別の対策が行われるのか、あるいは結局元に戻るのかはわかりませんが、システム的になんらかの取り組みを続ける姿勢は評価したいところです。

Source : YouTube(Twitter)