Google Play Music年内終了へ。資産はYouTube Musicへ一括転送可能に

ようやく本格的に移行できそう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年05月13日, 午後 01:10 in youtube
0シェア
FacebookTwitter
YouTube Music

YouTubeは5月12日(現地時間)、YouTube Musicへの移行を発表してたGoogle Play Musicを年内に終了すると明らかにしました。この一環として、Google Playにアップロードしたり、購入した楽曲、プレイリストなどをYouTube Musicに転送できる機能をリリースしています。

YouTube Musicでは、2月頃からウェブ版にて楽曲のアップロードに対応していましたが、個別のアップロードしかできず、Google Play Musicからの取り込みには非対応でした。Google Play Musicに大量の楽曲をアップロードしたり、購入していたりした人には利用が悩ましいところでしたが、直接のインポートが可能になることで、YouTube Musicへの移行も進みそうです。

転送機能は徐々に展開されているようで、利用可能になると手順を記載したメールが届くとのこと。ただ、手順と言っても難しいことはなく、YouTube Musicアプリ上、もしくはウェブサイト上で転送ボタンをクリックするだけです。

転送プロセスは段階的に行われるため、アップロードしている曲数が多いと数日かかる可能性もありますが、通常は1時間程度で終わるようです。いずれにしろ、転送が完了するとメールおよびアプリからの通知で知らせるとのことです。

Google Play Musicの具体的な終了スケジュールは発表されていませんが、転送機能を利用しても、Google Play Musicの終了までは、どちらのサービスにもアクセスできるとしています。

YouTube Music、当初はGoogle Play Musicと比べて機能的にかなり見劣りするものでしたが、その後アップデートが重ねられ、徐々に機能差はなくなってきました。今回の楽曲転送により、最終的な移行の準備が整ったというところなのでしょう。YouTube Musicに移行するかはともかくとして、まだGoogle Play Musicを利用しているユーザーは、そろそろ移行先の検討を始めた方が良さそうです。

source: YouTube


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: youtube, music, google, google play music, streaming music, youtube music, apps, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents