iOS 14はYouTube有料契約なしでバックグラウンド再生可能に? ピクチャインピクチャはSafari動画にも有効

YouTubeは眉をひそめてそう

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年06月25日, 午前 11:45 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
pictureinpicture
Apple

アップルの開発者イベントWWDC20にて発表された、iOS 14の新機能ピクチャインピクチャ。基調講演ではFaceTimeビデオが使用例とされていましたが、実は「Safariブラウザを介して開いたYouTube動画」も対象であることが判明しました。

この機能は、別のアプリを開きつつ小さな窓で動画を再生する「ながら見」ができるもの。小さくした動画の窓は画面のどこにでも移動でき、拡大縮小や一時停止および再生、全画面化して元アプリに戻ることも可能です。

ソーシャルメディアストラテジストのマット・ナバラ氏は、この機能がSafari上で視聴しているYouTube動画でも使えることを発見。ピクチャインピクチャとしたSafariはまるでYouTube再生専用アプリのように振る舞い、窓の移動や拡大縮小まで何不自由なく操作できていることが確認できます。

より重要な点は、「YouTube動画やYouTube Musicを、サブスクリプション契約の有無に関係なくバックグラウンド再生できる」ということです。本来のYouTubeアプリではバックグラウンド再生は有料プレミアム会員のみの特典となりますが、iOS 14ではこれが実質的に無料ユーザーでも利用可能となるわけです。

ただし、iOS 14とSafariでの小窓再生はYouTubeプレミアム契約と同等というわけではなく、オフラインでの視聴や広告なしの連続再生といったプレミアム会員向け機能は、当然ながら利用できません。

とはいえ、プレミアム契約の目的がバックグラウンド再生に限られるとすれば、十分に代替策にできる可能性もありそうです。

Source:Matt Navarra(Twitter)

Via:Mashable


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, ios14, picture-in-picture, YouTube, google, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents