YouTubeアプリに「お休み時間の通知」機能が追加

早く寝ろモード

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年05月22日, 午前 11:00 in YouTube
0シェア
YouTube
DeFodi Images via Getty Images

YouTubeには面白い動画が無数にあり、次に見る動画まで勧めてくれるため、ついつい寝るのを忘れて睡眠時間を削りがちです。

そんな便利ながらも困ったYouTubeアプリに、そろそろ寝る時間ですよと知らせる「おやすみ時間の通知」機能が追加されました。

本機能は、特定の時刻になると動画の視聴を止めて就寝を促す通知を送るものです。ユーザー自らが設定画面でおやすみ時間の開始時刻と終了時刻(この間はYouTubeを見ずに寝る時間)を設定できます。また現在見ている動画を中断して通知するか、または終了まで通知を待つかの設定も可能。その通知を閉じたりスヌーズ(いったん止めて、再度通知させる)こともできます。

この新たな通知機能はAndroidとiPhone向けに提供開始されており、数日以内に全てのユーザーが利用できると告知されています。

Googleは過去数年にわたりに、YouTubeの利用時間を管理するための機能をいくつかリリースしました。そのうち2018年にリリースされた「休憩のリマインダー」機能は、導入以来30億回以上も利用されたとのことです。今回のおやすみ時間の通知機能も、このツールを拡張したものと述べられています。

日本では緊急事態宣言が一部地域を除いてほぼ解除されたとはいえ、新型コロナウイルスの脅威は今なお去らず、第二波の到来に備える必要もあります。そんななかで、しっかりと睡眠を取って免疫力を高めるよう心がけたいところです。

Source:YouTube Help


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: YouTube, Google, sleep, bedtime, iOS, Android, news, gear
0シェア