YouTube
NurPhoto via Getty Images

YouTubeは6日、18才未満のユーザー向けに追加の保護対策を実施すると発表しました。13~17歳の投稿者による動画はデフォルトで非公開設定になるなど、若年層ユーザーの安全とデジタルウェルビーイング(デジタル機器使用と心身の健全性)を守るための改正が打ち出されています。

大きな方針変更は、まず今後数週間のうちに13~17歳のYouTube投稿者に適用されるデフォルトのプライバシー設定が、最も公開が制限された「非公開動画」になるよう調整していくということ。非公開動画設定では、投稿者本人および投稿者が指定したユーザーしか動画を見ることができません。

ユーザーは動画を公開するさいにデフォルトのプライバシー設定を変更できますが、その時には「誰がその動画を閲覧できるか」を示すリマインダーが表示されるとのことです。そうして若年層ユーザーがコンテンツ公開のさいに慎重な選択を促し、オンラインに記録が残ることやデジタルプライバシーについて理解した上で判断を行うことを助ける意図が謳われています。

また13才未満の子供向けYouTube Kidsでは、商品のパッケージのみに焦点を当てたり、購入を促すような動画といった過度に商業的なコンテンツの除外も開始されます。もともとYouTube Kidsでは有料プロダクトプレースメント(対価を得て第三者の商品やブランドを売り込むコンテンツ)は許可されていませんが、さらに規制が強化されるかたちです。

ほか13~17歳すべてのユーザーに対して、休憩とお休み時間の通知をデフォルトでオンに。それに加えて自動再生設定がデフォルトでオフにされます(こちらはYouTube Kidsも同様)。18歳未満の若年層や子供たちが途切れなく続く動画を次々と見てしまい、夜更かしや寝不足にならないようにする配慮と思われます。

Source:YouTube Japan Blog