次のゼルダ無双はブレス オブ ザ ワイルド前日譚『厄災の黙示録』。ゼルダ姫や四英傑がプレイアブル

大厄災

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年09月9日, 午前 12:17 in nintendo
0シェア
FacebookTwitter
ゼルダ無双
Nintendo

コーエーテクモが、Nintendo Switch向け『ゼルダ無双』シリーズの新作『ゼルダ無双 厄災の黙示録』を発表しました。

今回は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の世界の100年前を舞台に、本編で語られた一大イベント『大厄災』を体験する前日譚となっています。

ゼルダ無双
Nintendo

無双シリーズといえば、オリジナルの三國無双から始まり、ガンダムやワンピースからファイアーエムブレムまで、あらゆる版権と合体する一騎当千アクションゲーム。

ゼルダの伝説の世界観を使った『ゼルダ無双』は2014年にWii Uで、2016年には移植版ハイラルオールスターズが3DSで、2018年には Nintendo Switch でリリースされています。

ゼルダ無双
Nintendo

これまでのゼルダ無双はゼルダの伝説本編シリーズから見慣れた要素を抽出して再構成した、ジェネリックゼルダやリミックスゼルダともいうべき世界観でした。

しかし新作の『ゼルダ無双 厄災の黙示録』は本編最新作『ブレスオブザワイルド』の世界観そのまま、劇中で語られた過去のイベントを同じ登場人物で体験するという、ゲームジャンルは違えど物語的には過去編になっています。

ゼルダ無双
Nintendo

ブレスオブザワイルドとつながる要素は、主人公リンクのほかゼルダ姫、四人の英傑といった本編登場キャラクターが当時のすがたで活躍すること。

アクションの部分も従来のジェネリック無双にガワを被せただけではないとされており、シーカーストーンを使ったリモコンバクダン、ビタロックなどの特殊なシステムが組み込まれています。

ゼルダ無双
Nintendo

コーエーテクモの早矢仕プロデューサーによれば、本作は前作ゼルダ無双とは違い、ゼルダ本編の青沼プロデューサーと話しあい遊びの方向性・グラフィック・世界観・台詞のひとつまで意見を受けて開発したとのこと。

『ゼルダ無双 厄災の黙示録』は11月20日発売予定。税込7920円(DL版)。

任天堂はブレス オブ ザ ワイルドの続編も開発中ですが、シリーズの常として、いつ遊べるようになるかは本当に発売される日まで分かりません。

速報:任天堂、ゼルダの伝説ブレス オブ ザ ワイルド続編を開発発表 #E32019

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: nintendo, zelda warriors, breath of the wild, legend of zelda, koei, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter