Engadget

ASUSは5月13日、Zenfone 8シリーズを発表しました。特徴的なフリップカメラと6.67インチの大画面でエンタメも楽しめるZenfone 8 Flip、コンパクトで持ちやすいボディに最新スペックを詰め込んだZenfone 8の2モデル展開となります。

Zenfone 8 Flip

Zenfone 8 Flipは前モデルから引き続きフリップカメラを採用。背面カメラ部がモーターで回転し、3眼カメラを前面・背面どちらでも利用できます。

メインカメラには、 64MPのソニー製高解像度広角センサーIMX686を採用。デュアルピクセル位相差オートフォーカスで被写体への鮮明なピント調節が可能となるほか、隣接4画素が同色のカラーフィルターとなるQuad Bayer配列により感度が向上しており、夜景撮影での活躍にも期待できそうです。

超広角カメラはソニー製IMX363センサーを搭載し、最大4cmのマクロ撮影に対応しています。望遠カメラは3倍の光学ズーム、最大12倍のデジタルズームが可能です。

SoCはQualcommの最新フラグシップSnapdragon 888 5Gを搭載。前世代と比較して、CPUパフォーマンスが最大25%、グラフィックスレンダリングが最大35%高速化されています。メモリは8GBで、ストレージは128GB / 256GBです。ディスプレイには6.67インチでノッチフリーの90Hz Samsung AMOLED NanoEdgeを採用。バッテリー容量は5000mAh。サイズは165.04 x 77.28 x 9.6 mmで、重さは230gです。

関連記事:

「ZenFone 7 Pro」はフリップ機構だけでない、カメラが優等生


Zenfone 8

Zenfone 8は5.9インチでフリップカメラなしのモデル。コンパクトかつ構造が複雑でない為、Zenfone 8 Flipと比べて扱いやすいと言えるでしょう。

片手操作での利用を想定して設計されており、背面は3D曲面を採用したすりガラス仕上げとなっています。これにより高いグリップ感が得られるとのこと。

背面カメラは2眼仕様、Zenfone 8 Flipと同じく、メインカメラはIMX686センサー、超広角カメラはIMX363が採用されています。前面はパンチホールデザインで、12MPのIMX663センサーを備えます。

SoCはSnapdragon 888 5Gで、メモリは6 / 8 /16 GB、ストレージは128 GB / 256 GB。バッテリー容量は4000mAh。サイズは148 x 68.5 x 8.9mm、重さは169gです。