Zoom for Home
DTEN

このコロナ禍において、もっとも需要が増え、認知度が向上したザービスといえば、ビデオ会議サービスのZoomでしょう。そのZoomが、ソフトウェアとハードウェアの両面からテレワークの生産性を高める取り組みとしてZoom for Homeを発表。初の対応製品として、主にオフィスでの会議向け製品を製造しているDTENと提携し「DTEN ME」を発表しました。

DTEN MEは、3つの広角カメラや8つのマイクアレイ、ステレオしピーカーを備えた27インチの1080pディスプレイ一体型デバイス。タッチパネルになっており、画面を共有し、ホワイトボード的に利用も可能です。

ようするに、会議室などでよく使われるウェブ会議システムを家庭向けにアレンジした製品です。実際、DTENはこれまで、Zoomの有料サブスクリプションサービスであるZoom Rooms向けのディスプレイ製品もリリースしています。

マルチユーザー前提のオフィス向け製品に対して、家庭で使うことを想定したDTEN MEは、高度にパーソナライズされているとのこと。また、無料アカウントでも利用が可能となっています。

個人向けとはいえ、基本的には企業がテレワークを行う従業員に支給する製品のため、設定などは、IT管理者による一括制御にも対応しています。

もちろん、仕事だけではなく、Zoomを利用した友達との会話やリモート飲み会、フィットネスクラブのパーソナルトレーニングなどでも利用はできます。

価格は599ドル(約6万4000円)で、いまのところ米国でのみ予約を受け付けています。なお、企業向けのDTEN製品は日本国内でも販売されており、需要があれば、いずれ日本でも販売されるかもしれません。

source: Zoom, DTEN ME