ビデオ会議サービスのZoomは、複数の参加者が同一の背景に参加できる「Immersive View」機能を発表しました。Windows版/macOS版の現行バージョン(5.6.3)で「没入型シーン」として利用可能。

個別参加者のウィンドウでは仮想背景が利用できるZoomですが、Immersive Viewでは参加者の全員が1画面の同じ背景に収められます。仮想のデスクの前に参加者が並ぶ様子は、まるでバーチャル会議です。

Immersive Viewでは、最大25人が同一の仮想背景に参加できます。ホストはユーザーを任意の仮想背景に移動させたり、位置やサイズを変更したり、あるいは従来どおりのギャラリービューに戻すことも可能です。追加の参加者は、サムネイルとして表示されます。

なお、同様に機能は米マイクロソフトのビデオチャットツール「Teams」でもTogether モードとして実装されています。リモートワークへの移行が進められる中、このような自然なスタイルでユーザーがバーチャル会議に臨むための試行錯誤は、今後も続くことでしょう。

Source: Zoom