ファッション通販サイト 「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは、3D計測用ボディースーツ「ZOZOSUIT 2」を発表しました。

旧ZOZOSUITは、全身に施されたドットマーカーをスマートフォンのカメラで360度撮影して、全身の3Dモデルを生成する仕組みでした。

ZOZOSUIT 2 も基本的な計測方法は同じですが、マーカー数を旧ZOZOSUITと比べて約50倍の平均2万個に増やし、カメラで認識できるマーカーを2mmから6mmに変更しています。

また、撮影中の動きを補正する技術や、輪郭情報を使って3Dデータを最終的に補正する技術などを導入しています。認識精度が向上したとしています。

なお、旧ZOZOSUITで得た100万件以上の体型データは、ユーザーの身長と体重を入力するだけで、ユーザー自身の体型に合う商品がわかるサービスに活用しているということです。

ZOZOSUIT 2 の一般配布は現時点で未定としていますが、ZOZOSUIT 2 を活用した新サービスを創出するパートナー企業を募集することにしています。


source:ZOZO