Engadget

ZTEはグローバルで背面に64MPカメラ3基、8MPカメラ1基を搭載したAndroidスマホ「ZTE Axon 30 Ultra」を5月27日から公式ウェブサイトで販売開始しました。価格は8GB+128GB版が749ドル、12GB+256GB版が849ドル。一般発売の6月4日に先駆けてZTE本社より貸出機を借用したので、実機レビューをお届けします。

64MPカメラ3基を含むクアッドカメラをリアに搭載

ZTE Axon 30 Ultra最大の特徴は64MPカメラ3基を含むクアッドカメラ。その構成は、64MP Portrait Camera(31mm、F1.9、サムスン製「ISOCELL GW3」)、64MP Wide-angle Camera(26mm、F1.6、ソニー製「IMX686」、OIS)、64MP Ultra-wide Camera(14mm、F2.2、サムスン製「ISOCELL GW3」)、Ultra-zoom Lens(121mm、F3.4、OIS)となっています(焦点距離はEXIF情報の値を掲載)。

なお4つのカメラを搭載していても、あくまでも「64MPカメラ3基」にフィーチャーするためか、ZTEは「Trinity Camera System」と名づけています。

Engadget

左上が64MP Portrait Camera、左中央が64MP Wide-angle Camera、右中央が64MP Ultra-wide Camera、左下がUltra-zoom Lens。フラッシュ左にはレーザー検知式オートフォーカスが内蔵されています。なおカメラ周囲の虹模様は角度によって現われます

カメラ以外のスペックもフラッグシップ級

カメラ以外のスペックもフラッグシップクラスです。OSはAndroid 11をベースにした「ZTE MyOS11」、SoCは「Snapdragon 888」を採用。メモリーは8GB/12GB(LPDDR5)、ストレージは128GB/256GB(UFS 3.1)を搭載しています。

ディスプレイは左右側面がカーブした「Flex AMOLED Curved Display」と名づけられた6.67型FHD+ OLED(2400×1080ドット、20:9、DCI-P3 100%、Corning Gorilla Glass 5)を採用。ゲーミングスマホ並みの144Hzのリフレッシュレート、300Hzのタッチサンプリングレートを実現しています。なおディスプレイ上部にはパンチホール仕様の16MP Selfie Cameraが内蔵されています。

通信機能は5G、Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.2をサポート。インターフェイスはUSB Type-C 3.1 Gen1を底面に用意。SIMカードスロットはナノサイズで2枚装着可能です。

本体サイズは161.53×72.96×8mm、重量は188g。4600mAhのバッテリーを内蔵しており、同梱の65W USB ACアダプターによる急速充電(Quick Charge 4+)に対応しています。

Engadget

画面対ボディー比率は95%、パンチホールの直径は2.6mm。前面、背面ともにCorning Gorilla Glass 5でカバー

Engadget

本体底面にUSB Type-C 3.1 Gen1とSIMカードスロットを用意

Engadget

操作部はボリュームボタンと電源ボタンのみのシンプルな構成。

Engadget

パッケージには、本体、ハードケース、ACアダプター、USB Type-Cケーブル、3.5mmヘッドセット端子用アダプター、ワランティーカードが同梱。発売前の貸出機のためかクイックスタートガイドなどは含まれていませんでした。またディスプレイ保護フィルムは含まれておらず、本体にも貼られていません

Engadget

ACアダプターの型番は「STC-A59152050AC-Z」。仕様は入力100-240V~1.5A、出力5V 3A、9V 3A、15V 3A、20V 3.25A、出力(PPS)5-11V 5A、5-20V 3.25A、容量65W

AnTuTu Benchmark V9の総合スコアは802442

ZTE Axon 30 UltraにはAndroidスマホ最高峰のSoC「Snapdragon 888」が搭載されています。定番ベンチマークを実施したところ、「AnTuTu Benchmark V9」の総合スコアは802442、「Geekbench 5」のMulti-Core Scoreは3616、「3DMark」のWild Lifeは5860を記録しました。

記事執筆時点のAnTuTu Benchmark V9のランキングでは1位の「iQOO 7」が821324なので、ZTE Axon 30 Ultraはその94%のスコアです。とは言え体感できるほどの差ではないですね。

Engadget

「AnTuTu Benchmark V9」の総合スコアは802442、「Geekbench 5」のMulti-Core Scoreは3616、「3DMark」のWild Lifeは5860

Engadget

ZTE Axon 30 Ultraの今回のスコアは4位に入ることになります

※AnTuTu Benchmarkの公式サイトより転載

Engadget

超大型ベーパーチャンバー、グラフェン銅マトリックス複合材、ハイパワー熱伝導ジェルを組み合わせた「トリプルクーリングシステム」を採用しています

「Trinity Camera Sysytem」の実力は?

カメラの画質は基本的に良好。特にソニー製イメージセンサー「IMX686」を採用する64MP Wide-angle Cameraは解像感、発色とも個人的には文句ありません。異なるメーカーの64MPイメージセンサーを組み合わせていますが、それぞれの画の傾向もうまく調整されていると思います。

不満点を挙げるとすると使い勝手。マクロモードが用意されていますが、これはできれば自動的に切り替わってほしいですね。64MP Wide-angle Cameraの最短撮影距離が意外に遠いので、料理や小物を撮るときにひんぱんに切り替えなければならず不便でした。ソフトウェアアップデートでぜひ改善してほしいところです。

Engadget

64MP Ultra-wide Cameraで撮影(元画像をリサイズ)

イメージ情報: 4624x3472 (Jpeg,YUV420,sRGB)、焦点距離: 2.59mm (35mm換算焦点距離: 14mm)、シャッタースピード: 0.002s (1/586)、F値: f/2.2、ISO感度: 100、露出モード: Program (auto)、測光方式: Center weight

Engadget

64MP Wide-angle Cameraで撮影(元画像をリサイズ)

イメージ情報: 4624x3472 (Jpeg,YUV420,sRGB)、焦点距離: 5.58mm (35mm換算焦点距離: 26mm)、シャッタースピード: 0.000486s (1/2056)、F値: f/1.6、ISO感度: 100、露出モード: Program (auto)、測光方式: Center weight

Engadget

64MP Portrait Cameraで撮影(元画像をリサイズ)

イメージ情報: 4624x3472 (Jpeg,YUV420,sRGB)、焦点距離: 5.88mm (35mm換算焦点距離: 31mm)、シャッタースピード: 0.000946s (1/1057)、F値: f/1.9、ISO感度: 100、露出モード: Program (auto)、測光方式: Center weight

Engadget

Ultra-zoom Lensで撮影(元画像をリサイズ)

イメージ情報: 4624x3472 (Jpeg,YUV420,sRGB)、焦点距離: 11.60mm (35mm換算焦点距離: 121mm)、シャッタースピード: 0.001s (1/954)、F値: f/3.4、ISO感度: 100、露出モード: Program (auto)、測光方式: Center weight

Engadget

Ultra-zoom Lensで撮影(60倍、元画像をリサイズ)

イメージ情報: 4624x3472 (Jpeg,YUV420,sRGB)、焦点距離: 11.60mm (35mm換算焦点距離: 121mm)、シャッタースピード: 0.002s (1/498)、F値: f/3.4、ISO感度: 100、露出モード: Program (auto)、測光方式: Center weight

Engadget

64MP Wide-angle Cameraで撮影(元画像をリサイズ)

イメージ情報: 2592x1944 (Jpeg,YUV420,sRGB)、焦点距離: 5.58mm (35mm換算焦点距離: 26mm)、シャッタースピード: 0.005s (1/208)、F値: f/1.6、ISO感度: 100、露出モード: Program (auto)、測光方式: Center weight

Engadget

64MP Wide-angle Cameraで撮影(元画像をリサイズ)

イメージ情報: 4624x3472 (Jpeg,YUV420,sRGB)、焦点距離: 5.58mm (35mm換算焦点距離: 26mm)、シャッタースピード: 0.020s (1/50)、F値: f/1.6、ISO感度: 279、露出モード: Program (auto)、測光方式: Center weight

Engadget

64MP Wide-angle Cameraで撮影(スーパーナイトモード、元画像をリサイズ)

イメージ情報: 4624x3472 (Jpeg,YUV420,sRGB)、焦点距離: 5.58mm (35mm換算焦点距離: 26mm)、シャッタースピード: 0.100s (1/10)、F値: f/1.6、ISO感度: 4727、露出モード: Program (auto)、測光方式: Center weight

低価格なフラッグシップモデルとして日本で発売されることに期待

ZTEは日本市場に参入していますが、ZTE Axon 30 Ultraが日本で発売されるかどうかについてはアナウンスされていません。ただ、Snapdragon 888採用機で、64MPカメラ3基、8MPカメラ1基を搭載しつつ、8GB+128GB版が749ドル(約8万2000円)、12GB+256GB版が849ドル(9万3000円)というのはコストパフォーマンスが高いです。比較的低価格で入手できるフラッグシップモデルとして、ぜひ日本市場でも販売されることに期待したいところです。