中国ZTEは新型スマートフォン「Axon 30 Ultra」を海外発表しました。

ハイエンドモデルに相当するAxon 30 Ultraは、プロセッサに最新のSnapdragon 888を搭載。また、6.67インチ/FHD解像度の有機ELディスプレイは144Hzでの高速駆動が可能です。このことから、Axon 30 Ultraはゲーミングスマートフォンとしても十分なポテンシャルを秘めています。

背面カメラには同じ6400万画素センサーを3個しているのも、興味深いところ。それぞれのカメラは広角(26mm・f/1.6・OIS)/標準(35mm・f/1.9)/超広角(13mm・f/2.2)と、スペックが異なります。これに、光学5倍ズームの800万画素ペリスコープカメラが組み合わされます。

その他のスペックとしては、RAMは8GB/12GBで内蔵ストレージは256GB。バッテリー容量は4600mAhで66Wでの高速充電が可能です。OSにはAndroid 11を採用し、ディスプレイ指紋認証機能を搭載しています。

Axon 30 Ultraの中国向けの価格は4700元(約7万8000円)で、すでに販売を開始しています。また、グローバル展開も予定されています。プレミアムスマートフォンとして飛び道具は少ないものの、消費者のニーズをそつなくまとめてきた印象の端末です。

 

Source: ZTE

Via: 9to5Google, GSM Arena