Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

アップル、5.5G iPodにウィルスを混入

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年10月17日, 午後03:00
5シェア
0
5
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

アップルのサポートページによると、9月12日以降に出荷された5.5G iPodの一部にWindowsに感染するウィルスRavMonE.exeが含まれていたとのこと。

RavMonE.exeはマスストレージデバイスを介して感染するウィルス(定義としてはワーム)で、apple.comのサポートでは繰り返し「Mac OS Xなら感染しない、iPodにも影響はない」としたうえでWindowsユーザには各社アンチウィルスソフト体験版のリンクを張ってあります。

iPodとiTunesがアップル世界のすばらしさをWindowsユーザに伝えてMac OSに転向させる使命を帯びていることは誰もが知るところですが、今回ばかりはやりすぎたようです。

追記:日本アップルもサポートページ更新。

アップルは、Windows がこのようなウイルスに対して脆弱であることや、出荷前に問題を把握できなかったことを大変遺憾に思います。

お詫びと販促を一緒にしちゃだめだよ。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

5シェア
0
5
0

Sponsored Contents