Engadgetをフォローして最新情報をチェック



Windows 10への無償アップグレードが始まりました。Windows 10デスクトップの特徴はスタートメニューの復活だけではありません。Windows 7以来変化の少なかったデスクトップUIをついに刷新し、並行作業を効率化するTask Viewと仮想デスクトップが加わりました。Task Viewと仮想デスクトップをジェスチャ操作するTIPSをお届けします。

続きを読む 0 コメント


2015年7月26日(日)に幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバル、通称ワンフェスより。ガレージキットおよびオリジナル造形物などの展示即売会であるワンフェスでは、新世紀エヴァンゲリオンの20周年記念ブースが設置され、TVシリーズ、劇場版、新劇場版を含む映像作品の名場面を再現したジオラマが展示されました。

また、これまでに通常販売やクレーンゲーム向けプライズなどの形で発表されたエヴァンゲリオン関連のフィギュアを一堂に集め、1990年代から現在にいたるガレージキットの歴史を振り返る展示も用意。さらにゲームや映画に登場するキャラクターやマシンなどを立体化したモデルの参考展示など『キャラクター』と『フィギュア』を軸として、様々な分野からブースが展開されました。キャラクターコンテンツであると同時に、立体造形技術の進歩も俯瞰できる展示の様子をギャラリーでお伝えします。

ワンダーフェスティバルは、海洋堂の主催で年2回開催。次回は2016年2月7日(日)、開場時間は10~17時。入場料は2000円。

続きを読む 0 コメント

 
F1 と並び称されるトップフォーミュラカーレース インディカー が、8月2日(日本時間3日朝)開催のレースから、マシンに順位をリアルタイム表示するLEDパネルを導入しました。

ドライバーの後方側面に取り付けられたLEDパネルには、レース中、そのマシンの順位を表示。さらにピットストップの際には表示を切り替え、タイヤ交換や給油にかかった時間を示します。

続きを読む 0 コメント


2015年7月26日(日)に幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバルより。

版権キャラクターの造形物が大きな話題になるイベントですが、アマチュアならではのオリジナルな造形物に出会える点も本イベントの魅力です。

個人サークルMPMは、紙とゴムと竹ひごからなる可動ロボットを出展。実際に組み上げて動かすデモを行なっていたほか、MDF(繊維合板)によるモデルを参考展示していました。

続きを読む 0 コメント


ソニーが自社のクラウドファンディングサイトFirst Flightで出資を募る「HUIS REMOTE CONTROLLER」の実機インプレをお届けします。

起業家人材を社内から発掘するソニーの新規事業創出プロジェクトで、若手の発想から産まれた本製品。リモコンの画面に電子ペーパーを採用ししており、フリックで画面を切り替えてボタンを配置することでたくさんの家電のリモコンを1台にまとめられます。

続きを読む 0 コメント



Wii U独占のゾンビサバイバルホラー『Zombi U』から「U」が取れ、『ZOMBI』となって復活します。Ubisoftは PlayStation 4、Xbox One、PC用タイトル『ZOMBI』を2015年8月19日に発売することを明らかにしました。価格は2400円 (税別)、ダウンロード専売です。

続きを読む 0 コメント


2015年7月26日(日)に幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバル 2015夏より。

市川ソフトラボラトリーが同イベントにおいて税込7000円で限定販売したRAW現像ソフト『RACFiI』は、同社の主力ソフト『SILKYPIX Developer Studio』が搭載している機能のうち、主に人物フィギュアのRAW現像向け機能をピックアップした製品です。特定カラーの色味を変える『ファインカラーコントローラ』や、細部に写り込んだゴミを違和感のないように消す『スポット修整』といった機能を搭載しています。

特にフィギュアのような静物を撮った写真は、撮影時には気付かなかったような細かな埃や微小な汚れが拡大時に目立つことも多く、後から修整するケースも珍しくはありません。極力画質の劣化を抑えて後加工をしたい場合は、RAWで撮影しておいて、調整後にJPEG出力する方法が有効です。

続きを読む 0 コメント


2015年7月26日(日)に幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバルより。

ワンダーフェスティバルは、今でこそコスプレやステージライブなども併催する巨大複合イベントとなっていますが、元々はガレージキットの展示即売会がメインということで、会場のほとんどは様々なジャンルのキットを展示するブースで占められています。

プロ・アマチュア問わず非常に多くのディーラーが参加しており、ゲームや映画、アニメなどに登場したキャラクターやメカニックを見事に立体化した展示物が並びます。中には独特の世界観やコンセプトを感じさせるオリジナル作品も多く、人気を集めていた造形物の多くは製作者の高い技量を感じさせるものであり、買おうと思ったらすでに売り切れているということもしばしばありました。

膨大な数のキットが展示されていたので、そのすべてをじっくり眺める時間はありませんでしたが、本記事ではその一部をご紹介します。

続きを読む 0 コメント

 
Facebook が巨大なドローン『Aquila (鷲)』の写真を公開しました。FacebookのCEO マーク・ザッカーバーグが設立した非営利団体 Internet.org の活動の一環として、この Aquila と先だって公開したレーザー通信システムを組み合わせ、世界の情報通信網から隔絶された地域にインターネット接続を提供することを目標としています。
 
 

続きを読む 0 コメント



2014年に鳴り物入りで登場した次世代ロボットFPSが、基本無料という名の新たな戦場へ降下します。

EAとネクソンは、一人称視点シューティングゲーム『Titanfall (タイタンフォール)』の新作を基本プレイ無料のオンラインPCゲームとしてアジア地域で展開することを明らかにしました。

続きを読む 0 コメント




秋葉原で開催中のDSP版Windows 10 発売記念前夜祭にて、Windows 10世代の「自作PC応援キャラクター」の名称が発表されました。名前は『窓辺 とうこ』です。

とうこ嬢は、キャラクターイラストや基本設定こそ既に発表されていたものの、名前に関しては公募終了後「近日発表」という状態でした。自作応援キャラクターとしての活躍開始となる、このタイミングでの発表となった格好です。



発表会には、声優を担当する野中 藍さんがコスプレ姿で駆けつけ、司会役のテクニカルライター高橋 敏也氏と掛け合いをしつつ、キャラクター設定の裏話などが語られました。



続きを読む 0 コメント


NVIDIAは、NVIDIA SHIELDタブレットにおいて、バッテリーの発熱による発火の恐れがあるとして、自主回収および無償交換すると発表しました。対象となるのは、2014年7月〜2015年7月に出荷されたもの。対象製品以外には問題は確認されていないとしています。

続きを読む 0 コメント


キヤノンが、最大感度ISO400万相当の超高感度多目的カメラ『ME20F-SH』を2015年12月上旬に発売します。価格は税別300万円。

搭載するセンサーは、2013年に開発発表したフルHD動画撮影専用の35mmフルサイズCMOSを改良したもの。星明かりだけのような、一般的には赤外線カメラが必要となるような非常に暗い状況下でも、ノイズの少ないカラーのフルHD動画が撮影可能です。ここまでの高感度性能を持った多目的カメラの開発はキヤノンとして初めて。有効画素数は約226万画素。

主な用途は野生動物の生態撮影や防災・防犯、映像制作などを見込んでいます。

続きを読む 0 コメント



ソフトバンクワールド2015より。マイクロソフトは超大画面Surface「Surfce Hub」を日本初出展しました。55 / 84インチの大画面タッチディスプレイを搭載したWindows 10デバイスで、担当者によると先週日本に陸揚げしたばかり。実機レポートをお届けします。

続きを読む 0 コメント

 
レースゲームを中心に活動するプロゲーマー集団 Team Redline が、現役F1ドライバー マックス・フェルスタッペンの加入を発表しました。フェルスタッペンは今年、史上最年少の17歳でF1にデビューしたドライバー。7月26日のハンガリーGPではデビュー以来最高位となる4位に入賞するなどその実力を見せています。
 
 
 

続きを読む 0 コメント