日本エイサーが、Android タブレットの新製品 Iconia A1-830 を国内向けに発表しました。A1-830は、「電子コミックを読むのに最適」な4:3画面を搭載し、国内では代々「マンガロイド」として販売されてきたシリーズの最新モデル。

マンガロイドは初代モデルのA100 で手塚治虫続くマンガロイドZ ことA1-810では福本伸行と、毎回著名な漫画家とコラボしたドロイド君がカタログを飾っていますが、3代目の830では「ベルサイユのばら」の池田理代子とコラボしています。

続きを読む

ソニーが、AV アンプの新機種 STR-DN1050 を発表しました。ハイレゾ音源の再生機能を強化したのが特徴で、PCM 系なら最大 192kHz /24bit 、DSD は 2.8MHz まで対応します。WiFi、AirPlay や Bluetooth /NFC などに対応し、スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスの音楽ソースを再生できます。さらに 4K アップスケール出力など映像面も強化しました。
 

続きを読む


アップルがiOS 7 の最新アップデート7.1.1を提供開始しました。対応端末の「設定」 > 「一般」 > 「ソフトウェアアップデート」と進むと適用できます。

7.1.1ではiPhone 5s の指紋認証機能Touch ID の向上、キーボード応答の改善、VoiceOver 有効時にBluetooth キーボードを使用すると起こる問題の修正のほか、セキュリティアップデートも含みます。

続きを読む



撮った後でピント合わせできるカメラで話題になった Lytro が、ライトフィールドカメラの新製品 Lytro ILLUM を発表しました。第一世代のLytroカメラが小さな角柱形でカジュアルな製品だったのに対して、第二世代の ILLUM は伝統的なカメラに近い形状で本格的な撮影機能を備えます。

初代がノベルティ扱いされる理由だった解像度の低さは約四倍の40メガレイ(光線)センサを採用して克服するなど、光学系は大幅にパワーアップしています。また演算力がモノを言うComputational Photography 世代のカメラとして、最新鋭スマートフォンやタブレットと同じQualcomm Snapdragon 801を搭載。レンズは30mm - 250mm 光学8倍ズーム、全域でF値2.0。


続きを読む



Twitter がウェブ版の新プロフィールページを全ユーザー向けに解禁しました。これまで適用されていなかったユーザーも、ウェブでログインすると有効化ボタンが現れます。

従来のいかにもツイッターらしい「中央にプロフィールアイコン+後ろにヘッダ画像」から、新プロフィールページは「左側に大きめのプロフィール画像+ページ全幅の大きなヘッダ画像」のレイアウトになりました。

またトップに任意のツイートをピン留めしたり(固定ツイート)、他のプロフィールを見る際には画像・動画の含まれるツイートのみをマルチコラムの雑誌風レイアウトで一覧する機能なども新たに加わっています。続きに最適画像サイズなど新プロフィールページのメモをまとめます。

続きを読む




2014年4月22日、愛媛県とマイクロソフトが共同で記者会見を開催。愛媛県内の地域団体と企業コンソーシアムで運営する、サイクリスト向けサービスサイト「愛媛マルゴト自転車道」を発表しました。サイトは本日から公開されています。


このサイトは、愛媛県内にある26道のおすすめサイクリングコースの紹介にはじまり、サイクリストが投稿したおすすめスポットやその写真・動画を県の地図上で確認できる機能など、サイクリスト向けに特化した愛媛県案内サービスです。

続きを読む



キングジムがインターバル撮影専用レコーダ「レコロ」の新モデル IR7 を発表しました。レコロは1秒から1日までの撮影間隔を指定して放置しておくと、わきわき育つ植物やら雑踏の人の流れ、飛ぶように過ぎる昼夜など、インターバル撮影の結果をつないで時間を圧縮したタイムラプス動画として記録してくれるレコーダー。

続きを読む



キングジムは、電子メモパッド ブギーボードのハイエンドモデル Boogie Board SYNC9.7 を5月2日から国内販売します。米iMPROV Electronics製のBoogie Boardは、感圧式の液晶パネルにペンで書いて消しできる電子メモパッド製品。

新発売のBoogie Board SYNC9.7は本体に2GBのストレージを内蔵して手書き内容をPDFファイルとして保存できるほか、Bluetooth に対応し iOSアプリやWindows / Mac にメモを送ったり、手描きの軌跡をリアルタイムで外部機器に送るライブドローイング機能に対応するハイエンドモデルにあたります。

続きを読む

レノボが、Windows タブレット Miix 2 11 を発表しました。標準でキーボードドックが付属し、モバイルノート PC としても使える仕様です。画面は10点タッチ対応の11.6型液晶、CPU にはインテル Core i3-4012Y を搭載します。

続きを読む

Linux のディストリビューションの中でもデスクトップ向けとして安定した人気を得ている Ubuntu が、最新バージョンの Ubuntu 14.04 LTS を公開しました。新たに高解像度ディスプレイとマルチタッチ操作への対応のほか、セキュリティ機能なども向上しています。バージョンごとにアルファベット順で付けられるコードネームは「Trusty Tahr (頼りになるタール)」。タールとは山岳地域に生息する山羊に似た動物です。

続きを読む

DARPA(米国防総省高等研究事業局)が、特殊任務用のハイブリッドバイクの開発に着手しました。米 BRD の電動レーシングバイク RedShift MX をベースにパワーユニットをハイブリッド化し、長距離走行と隠密行動性を両立する計画です。
 

続きを読む



Google / ASUS製の Nexus 7 が定番中の定番となって久しい今日このごろ、次の小型 Nexus タブレットのうわさが出てきました。台湾の製造業界紙 DigiTimes がサプライチェーン関係者の話として伝えるところによると、次のGoogle純正タブレットはASUSではなくHTCとGoogleが共同開発した Nexus 8 (仮) となり、この夏に発売を予定しているとのこと。また HTC Nexus 8 (仮)が最後のNexusタブレットとなる可能性についても触れています。

続きを読む


一見すると電子工作関係の基板? のようなこのボードは、ビットコインのマイニング(採掘)を本格的にやりたい、という人のための製品。マイニングで必要な暗号を演算するための専用チップを64個搭載した、計算専用ボードです。

メーカーは台湾BIOSTAR。製品名はビットコイン用マイニングボード「BTC-24GH」で、店頭想定価格は7万9800円、発売日は4月24日。日本ではPC周辺機器などを取り扱うアユートが販売します。

技術的な解説をすると、このボードはビットコイン計算用USBアダプタなどに搭載されているASICチップを64個搭載した構成。ビットコインの採掘計算速度はH(ハッシュ)/sで表現されますが、この製品の性能は公称で24GH/s(+-10%)。BIOSTARは「RADEON HD 7970(搭載ビデオカード)を使った場合に比べ、30倍以上の性能を発揮する」とアピールしています。

続きを読む