Engadgetをフォローして最新情報をチェック


半年に一度のガジェットのお祭りEngadget 例大祭より。ジェイアイエヌが展開するメガネブランド『JINS』のブースでは、各種センサーを搭載したセンシングメガネ「JINS MEME」と、JINS MEME連携アプリの実演展示を行っていました。

JINS MEMEは、三点式眼電位センサー、三軸加速度センサー 、三軸ジャイロ(角速度)センサーといった3種類のセンサーを搭載し、まばたきや視線移動を捕捉するほか、体軸・体幹の動きを計測可能。眼電位の計測によって、眠気や疲労度、歩数などのデータが得られます。2014年春の発表当初より「自分を見る」メガネとして訴求しており、一般向けの発売時期は2015年秋を予定しています。

続きを読む 0 コメント

GoPro が16台の GoPro を放射状に装着し、360度映像を撮影するカメラマウント「GoPro 360 Camera Array」を発表しました。取り付けられた GoPro 群は1台のカメラとして機能し、撮影した映像は YouTube などで360度映像として簡単に再生できるほか、Google の簡易 VR ヘッドマウントディスプレイ「CardBoard」などで楽しむこともできます。
 

 

続きを読む 0 コメント



開発者会議 Google I/O 2015より。GoogleはAndroid MでのGoogle Nowの新機能「Now on Tap」を発表しました。表示しているコンテンツの文脈を理解してユーザーが求めるであろう情報を提示する機能。例えば音楽を再生中に「この歌手の本名は?」と尋ねると歌手名を答えます。

続きを読む 0 コメント



Google I/O 2015で発表され、来場者から大喝采を浴びたのが、Google+に統合されていたオンライン写真ストレージの容量(解像度)制限が大幅に緩和されたニュースです。

従来選べたのは2つのプラン。「枚数無制限で保存可能だが2048×2048ピクセルを超えたデータはGoogle側が自動的に縮小する」ものか、「元の解像度で保存できるが、2048×2048ピクセルより大きなデータの保存時はGoogleドライブの容量を使う」というもの。また両プランとも、動画はすべてGoogleドライブの容量を使う設定。Googleドライブの容量がなくなると追加料金が必要でした。

今回の制限緩和では、前者の解像度制限が16Mピクセル(1600万画素)までと大きく緩和され、さらに動画もフルHD解像度までは無制限保存可能になり、実用性がグッと増しました。そのため、来場者から大喝采となったわけです。

この新プランは日本でも既に開始されており、Googleフォトアプリを使わずとも、Googleアカウントさえあれば使えます。また設定もWebブラウザから可能で、むしろそちらの方が簡単です。また、従来から無制限(2048ピクセル)のプランを使って来た方は、デフォルト設定が変更されている可能性がありますので、ここで再確認しておきましょう。

続きを読む 0 コメント


Engadget 日本版編集長の鷹木です。このたびはEngadget 例大祭にたくさんのご参加登録ありがとうございます。事前登録分のみで満員御礼となりましたことをご報告いたします。事前登録については現在、キャンセル待ちの状態が続いております。

事前登録分で満員になったため、当日分の販売も控えさせていただきます。当日に参加を決めようと思っていた方々、本当に申し訳ございません。

すでに動画でもお伝えした通り、編集部の想定を大きく上回る登録をいただいております。安全面も考慮すると現時点ですでに入場規制の可能性があるため、事前にご登録のないまま会場にいらっしゃった場合、入場をお断りすることがございます。なにとぞご了承ください。

0 コメント



パックマン x IoTガジェット x オープンイノベーションとは......ゲームキャラクターを使ったIoTガジェットはどんなものになるのでしょうか。またハッカソンなどのオープンイノベーションなムーブメントはどうやって「遊びをクリエイトする」のでしょうか。そんなことをテーマにEngadget 例大祭でバンダイナムコスタジオのセッションを開催します。

続きを読む 0 コメント


ガジェットの祭典 Engadget 例大祭 も明日開催。すでに無料の事前登録もキャンセル待ちの状態で、当日も入場規制がかかるかもしれませんが、準備は着々と進んでいます。告知も大詰めですが、今回はミートアップの告知です。例大祭の最終盤19時から来場者と出展者の希望者と編集部メンバーでさらにミートアップ(無料)を行います。会場はトークセッション会場とインタラクティブゾーンをつなげました。集合場所はEngadget 例大祭受付付近の予定です。

続きを読む 0 コメント



100人以上の応募があったJINS MEMEハッカソン。すでにタイアップ記事でもお伝え済みですが、Engadget 例大祭ではこの取り組みを通じて見えてきたウェアラブルアプリ開発の未来について、トークセッションを行います。主催者、参加者、開発者などの複数の観点からウェアラブルアプリの開発についてディスカッションします。詳細は続きをどうぞ。

続きを読む 0 コメント



Googleは次期モバイルOS Android M ディベロッパー(開発者)プレビュー版を Nexus 5 / 6 / 9 に配布を開始しました。なおAndroid Mの最終リリースは2015年Q3(7〜9月)を予定します。

続きを読む 0 コメント



Engadgetでは大人気の部活動であります、Engadget電子工作部。おかげさまで2014年から現在に至るまで10回以上開催してきました。Day1(チーム組成、アイデアソンなど)&Day2(制作物の発表会。Day1から2週間後に開催)の構成で2週間かけてチームでモノづくりにはげむという形式で実施しています。

2週間とは思えない成果物に運営側も毎回びっくりすることが多いのですが、その一方で2週間の期間を過ぎても作り続けたいという声があるのも事実。Engadgetでは電子工作部が終了した後も作り続ける参加者を応援してきました。それがEngadget先端研究所です。

2015年1月から毎月1回のペースで進捗報告会を実施。メンター役のIAMAS小林茂教授やKonashiを開発した松村礼央さんからコメントやアドバイスをもらいつつ、新たなチームメンバーを加えたりして、作品の完成度を高めたり、別の作品にスイッチしたりしてきました。この例大祭フューチャーラウンジにおいて、各チームが展示したり、ライブステージにて発表会(15時15分~16時15分)を実施します。作品など詳細は続きをどうぞ。

続きを読む 0 コメント



Googleが開催中の開発者向けイベント Google I/O 2015の基調講演より。Google が次期Androidバージョンとなる『Android M』で、OS標準仕様として指紋認証をサポートすることを発表しました。

対応する局面としては、デバイスのロック解除やGoogle Playストアの認証など、パスワードを必要とする操作の代替が挙げられています。また、プレゼンの流れとしてはGoogle独自のモバイル決済サービスであるAndroid Payへの対応に続いて発表されており、もちろんこちらの支払時にも使える仕様です。

続きを読む 0 コメント




進行中の開発者イベント Google I/O 2015 キーノートで、Google が次のAndroidバージョン『Android M』Developer Preview を発表しました。

現行の Lollipop に続く『M』では、アプリへのパーミッションインターフェース改善など多数の変更が含まれます。

Android M Developer Preview は本日から、Nexus 5, 6, 9 とPlayer 向けに提供開始。二年落ちの7にはありません。

続きを読む 0 コメント