いわゆるMP4プレーヤなどを商っている北京智器 / SmartDevicesから、4.3インチタッチスクリーンの「SmartQ 5 MID」が登場します。MIDといえばインテル語としては「Atom Zシリーズなどx86ベースでありつつ、Windows入りのUMPC (原義。≠ ネットブック)より小さいモバイルインターネットデバイス」といった意味でしたが、SmartQ 5は携帯デバイスとして一般的なARM系のプロセッサで動きます。面白いのはOSにUbuntu Linuxをプリインストールすること、価格が899人民元 (約1万2500円)と安価なこと。

ハードウェア仕様は4.3インチ800 x 480タッチスクリーン、内蔵WiFiおよびBluetooth、側面にメディアプレーヤ的なハードウェアボタンなど。「ARMコアプロセッサ」の正体やメインメモリ、ストレージ容量やバッテリーなどは製品ページもまだできていないため未詳。ソフトウェアはメディア再生のほかブラウザ、電子書籍リーダや辞書などが用意されるようです。大きめで高精細画面の動画プレーヤ+おまけ機能のつもりだったところにちょうどARM版 Ubuntuが来たので、といった風情ですが、価格の安さは注目です。下はあまり参考にならないプロモイメージギャラリー。

SmartQ 5 MID

すべての写真を見る

10 枚


WVGAタッチスクリーンにUbuntu入りのSmartQ 5 MID、約1万2000円
広告

0 コメント

広告