Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

動画:テープカットで落成式を祝うハサミロボ

Haruka Ueda
2009年7月28日, 午後11:45 in Barrett Technology
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

写真はアイオワ州立大学 Developmental Robotics 研究室で開発中の名もなき上半身ロボットです。各腕に7自由度あるうえ、三本指も7自由度あります。三本指にはBerett Technology製のBarrettHandを使用。うち二本の指は180度動作。また、両眼にはLogitech(日本名Logicool)のQuickCam(日本名Qcam)を利用しています。眉や唇を動かしてちょっとした感情表現も可能。写真だとキリッとした二枚目ですが、よく見るとけっこう 間抜け お茶目な顔立ちです。

ロボットはちょうど電気情報工学の建物を新設するのに合わせて作られ、落成式ではテープカットを行いました。写真はそのヒトコマ。とはいえあちこちでテープカットまわりをしているわけではなく、ふだんは研究室で掴んだときの音から物を識別するなどの学習プラットフォームとして活躍しています。「ハンマーを持つ人には、すべてが釘に見える」という諺のとおり、このロボットも散髪をしてみたいとか言い出さないことを祈ります。




広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents