Sponsored Contents

nintendoの最新記事

Image credit:
Save

任天堂が「マジコン」販売業者を提訴、情報提供窓口も設置

Haruka Ueda
2009年10月5日, 午後10:19 in Nintendo
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

日本発売前のHomePodを一足先にレビュー。高い音質に満足、アプリや家電とのエコシステム発展に期待(石川温)

日本発売前のHomePodを一足先にレビュー。高い音質に満足、アプリや家電とのエコシステム発展に期待(石川温)

石川温, 3 時間前
View


任天堂およびソフトメーカー54社がニンテンドー DS用のフラッシュカートリッジ、いわゆる「マジコン」の輸入・販売行為の差止めおよび損害賠償を求め、販売業者を提訴しました。損害賠償額は約4億円。マジコンをめぐっては以前にも別の販売業者を相手に訴え、今年2月には輸入・販売を違法とする判決が東京地裁で確定していますが、依然として根絶にはほど遠い状態が続いています。

併せて、任天堂は複雑化するマジコン販売のに対処するため、販売・流通に関する情報提供窓口も設置しています。URLはhttps://secure.nintendo.co.jp/fraud/form.html。「マジコン等不正商品の根絶に向けてより一層強化していきたい」という同社の姿勢が伝わってきます。
関連キーワード: nintendo
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents