Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:

Xbox 360 USBストレージ対応アップデート提供開始

Ittousai , @Ittousai_ej
2010年4月7日, 午前11:44 in Microsoft
9 シェア
0
0
8
0
1

連載

注目記事

人気記事


先日のリーク情報そして正式発表のとおり、Xbox 360のUSBストレージ対応アップデートが実施されました。適当なUSBストレージデバイスを接続してシステム設定>メモリーから「全容量の割り当て」または「指定容量の割り当て」を選ぶことで、Xbox 360用にフォーマットしてセーブデータやゲームコンテンツの保存に使えるようになります。

注意・制限事項は最低でも1GBの空き容量が必要なこと、システム領域に512MBが使われること、ストレージデバイスの容量にかかわらず最大で16GBまでしかXbox 360用には割り当てられないことなど。同時に接続して使えるのは2本つまり32GBまで。また市販のUSBストレージデバイスは転送速度などにばらつきがあるため、推奨動作条件を満たしていない場合は初期化時にはねられることがあります。

サンディスクからはXbox 360ライセンスのフォーマット・動作確認済みロゴ付きUSBメモリが5月に発売される予定。でも8GB 40ドル / 16GB 70ドルとかなり割高なうえに国内では発売未定です。Xbox.comのUSBメモリ対応FAQには「 Xbox 360 で使用できるUSB メモリーの上限が 16 GB なのは何故ですか?」とそのものズバリな質問があるものの、回答は「( ... )16 GB までの USB メモリーに対応したことにより、ユーザーの皆様の利便性を高めることできたと考えています。それ以上の容量が必要な方は」HDDの購入をお薦めする、とあるのみ。「何故16GBか」については華麗にスルーされています。

[via Joystiq Japan]

Major Nelson の告知
USBストレージサポート 日本語 FAQ (Xbox.com)
9 シェア
0
0
8
0
1

Sponsored Contents