Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

Androidマーケットがリニューアル、払い戻し受付は15分以内に短縮

Haruka Ueda
2010年12月13日, 午後05:00 in Android
14 シェア
2
1
0
11

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

任天堂スイッチに隠しファミコン エミュ、故 岩田聡氏の命日に「直接!」で『ゴルフ』が起動

任天堂スイッチに隠しファミコン エミュ、故 岩田聡氏の命日に「直接!」で『ゴルフ』が起動

View
PS4 Proにモンハン:ワールド同梱限定版『リオレウス エディション』、12月7日発売
6

PS4 Proにモンハン:ワールド同梱限定版『リオレウス エディション』、12月7日発売

View

Android 2.3 "Gingerbread"のリリースに合わせるようなかたちで、Androidマーケットが大幅にリニューアルされます。Gingerbread採用の端末だけでなく、Android 1.6以上の端末すべてがリニューアル対象となっており、今後二週間をかけて順次アップデートが行われる予定です。待てない人達が集まるXDA-developersでは新マーケットがアプリとしてすでに公開されていますが、こちらは自己責任でどうぞ。

リニューアル内容のうち、一見して分かるのはインタフェースの刷新です。見てのとおりタブが撤廃され、公式ブログが「回転式」(carousel)と呼ぶ新デザインになりました。まあ、Coverflowと呼ぶのは憚られるということでしょうか。またカテゴリも再編され、ライブウォールペーパーとウィジェットについては専用カテゴリが設けられます。該当するアプリは(申請時に設定しておいたアプリは)自動的に新カテゴリへ分類されるとのこと。ほかにも、人気アプリ & ゲームのカテゴリが追加され、各アプリのページでは関連コンテンツが表示されるようになります。

一方で見えない部分でも、有料アプリの払い戻し期限が15分に短縮されるという大きな変更が行われます。これまでAndroidマーケットでは24時間以内のアンインストールでアプリの代金を全額返金という大変ユーザーフレンドリーというか開発者泣かせの制度があり、たとえば一通り遊ばれたカジュアルゲームが払い戻しされるというようなことが横行していました(開発者は儲からないどころか、かつては手数料ぶん損をすることもあった)。ユーザと開発者、それぞれの立場から見てどの程度の猶予があれば妥当なのかというのは難しいところですが、24時間から15分というのはまた思いきった改訂です。

ちなみにアップル App Store では、そもそも返金方法がアップルへ直接問い合わせをする以外にありません。有象無象のアプリが集まるAndroidと異なり、アップルの厳正な審査を受けたアプリ群はすべて適正価格、うっかり購入ボタンを押してしまったときでさえ妥当であるということでしょうか(あるいはアップルの優れたインタフェースでは、間違えて購入などありえない、か)。また、Windows Phone 7 / Windows Marketplace for Mobileでは24時間以内払い戻し可能、Kindleでは購入直後のみキャンセル可能など、デジタルコンテンツ分野では払い戻しポリシーひとつを見ても各社の哲学が読みとれます。

source Android Developers Blog, XDA-developers
関連キーワード: android, android market, AndroidMarket, market
14 シェア
2
1
0
11

Sponsored Contents