WWDC 2011 基調講演より。アップルがクラウドサービス iCloud の発表にあわせて、iTunesをクラウド化させた iTunes in the Cloud を発表しました。アプリなどと同様、iTunes Storeで買った曲についてはアカウントと紐づけて購入履歴を確認でき、すでに購入済の曲はほかのiOS端末にも WiFi 経由で無料ダウンロードできます。紐づけ可能な端末は10台まで。また自動ダウンロード機能を備えるため、たとえばiPhoneで楽曲を購入すれば、一度PCにケーブル接続して「購入したものを転送」してから今度は別デバイスを同期......といった手間もなく、自動で同じユーザの iPadにも届けられます。ファイル形式は256Kbps AAC。iCloud全般と同様、お値段は無料です。

以上は iTunesで購入した楽曲限定ですが、さらに one more thing として、自分でリッピングした曲を iTunesで購入したのと同じ扱いでクラウド同期してくれるサービス " iTunes Match " も発表されました。 iTunesで管理する手持ちのライブラリをスキャンして iTunesストアのカタログ1800万曲と照合し、提供されている楽曲と一致すれば、DRMなし 256Kbps AAC圧縮のデータを共有することができるようになります。

ファイルそのものをアップロードするアマゾンやGoogleのロッカーサービスとは異なり、クラウド上にライブラリを作成するにはサーバ側で「所有」フラグを立てるだけ。処理が数分で終わるのがポイントです。ただしこちらは年間24.99ドルの有料サービスとなっています。


iTunes が iCloud に対応、有料サービス iTunes Matchで自前楽曲もクラウド化
広告

0 コメント

広告