b2gの最新記事

Image credit:

Mozilla、ウェブアプリ用OS "Boot to Gecko" の開発を発表。スマートフォン & タブレット向け

Haruka Ueda
2011年7月27日, 午前12:10 in B2G
158 シェア
53
0
58
10
37

注目記事

人気記事

GoogleChrome OS で提唱した「もうブラウザさえあればいいじゃん」の世界に、Mozilla も乗り込みます。Mozilla の Andreas Gal氏らは mozilla.dev.platform において「オープンなウェブのための完全なスタンドアロン OS」の開発に取り組むことを明らかにしました。プロジェクト名は"Boot to Gecko"(B2G)。ネットブックをターゲットにしたChrome OS とは異なり、スマートフォンやタブレットなど " Device space " を狙っています。

従来のHTML5ベースのウェブアプリが動作するのはもちろん、オープン標準に基づくウェブアプリを各社のプロプライエタリOS向けネイティブアプリと同じ土俵に立たせるため、電話・SMS・カメラ・USB・Bluetooth・NFCなどの API が新たに用意される計画です。開発プロセスがオープンであるほか、開発の成果は標準化団体に提出することで、対応アプリはB2G / Firefox 専用ではなく他社のHTML5準拠ブラウザでも動くことになるとしています。面白いことに、カーネルやドライバまわりについてはライバルとなるはずの Android の資産を流用するとのこと。「端末メーカーは Android に注力しつつある」ことから、その成果をうまく使うことで、多様な端末に対応することを目指します。

Firefoxのデスクトップ環境化といえば Webian Shell がすでにありますが、こちらは正真正銘の OS で、おまけに Android と Chrome OS の中間的存在と考えれば、なかなか面白い立ち位置になりそう。B2Gは当然ながらオープンソース・プロジェクトとして展開され、対応アプリは Firefox 上に限らずウェブブラウザで動作する予定。Windows PC を買ってきて Linux をインストールするというのは、今ではまったく特別なことではなくなりましたが、近い将来は Android スマートフォンを買ってきて B2G OS を入れ直すということがふつうになるかもしれません。

[Thanks to everyone who sent this in]

SiliconFilter
source Mozilla (wiki), (Google Groups forum)
関連キーワード: b2g, boot to gecko, BootToGecko, firefox, mozilla, os
158 シェア
53
0
58
10
37