Gamescom のプレスイベントで、ソニーが PSP 本体の新モデル PSP E-1000 を発表しました。いわゆる新型 PSP といえばまったく新しい上位機種の PS Vita が年末に控えていますが、E-1000 は現行 PSP のバリエーションモデル。外装デザインが微妙に異なるほか、これまで標準で内蔵されていた無線 LAN 機能を廃止した廉価版にあたります。欧州価格は現行 PSP-3000 の130ユーロに対して99ユーロ。日本国内でいえば定価が1万円を切ったような感覚です。

SCEEによれば、PSP E-1000 は欧州含むPAL地域でのみ販売される予定。日本ではアドホック通信で一緒に狩りができないモデルはちょっと考え難いところですが、そもそも対面でほかのPSPユーザーと遊ぶ機会が限られる地域ではありなのかもしれません。

PSP E-1000

すべての写真を見る

4 枚


新型 PSP E-1000 発表、WiFi を廃止した廉価版
広告

0 コメント

広告