Sponsored Contents

nintendo 3dsの最新記事

Image credit:

うわさ:ニンテンドー3DSに外付け右スティック、来年にも新型本体?

Ittousai , @Ittousai_ej
2011年8月24日, 午前11:10 in Nintendo 3Ds
50 シェア
4
9
21
0
16

連載

注目記事

人気記事

ミニ スーパーファミコン国内発表。幻の『スターフォックス2』、パネルでポン、FE紋章の謎も含む国内版21本内蔵

ミニ スーパーファミコン国内発表。幻の『スターフォックス2』、パネルでポン、FE紋章の謎も含む国内版21本内蔵

View

発売半年を待たない大幅値下げで3DSに勢いを呼び戻したい任天堂の話題。フランス語サイト 01net が、「ビッグN 社員の告白」なる芝居がかったタイトルで、ニンテンドー3DSをめぐるインサイダー情報と称するものを掲載しています。

内部証言を5部に分けて独占でお伝えします、と鼻息が荒いわりにはなにやら「よく聞く説明」で水増ししたような散漫な内容ですが、目を引く部分はたとえば:
  • 任天堂は3DSの出荷後に「右アナログスティックはすぐれたゲーム体験に不可欠である」ことに気づき、現行の3DSに後付けで追加できるアタッチメントを開発している。
  • 「外付け右アナログ」(仮)は予価10ドルほど。どうやって実現するのか、装着した状態で画面を閉じられるのかは不明。
  • 任天堂はすでに一部のサードパーティに対して、2つのアナログスティックを要求するタイトルの開発を認めて / 求めている。
  • 3DSの開発キットは非常に不足している。高価にもかかわらず、供給はサードパーティーの需要に追いついておらず、発売後半年を経た今も、開発キット待ちの列はさらに長くなっている。
  • 任天堂は2012年の発売に向けて、新型の3DS本体の開発に取り組んでいる。新型は新しいデザインを備え、現行でうまく伝わらなかった「3D」要素をかなりトーンダウンさせる。3DSではない新しい命名も考えられる。
といったところ。右スティックを備えた2Dゲーム機の魅力を説くための怪文書のように聞こえる部分もないではありませんが、インサイダー証言を待つまでもなく、任天堂が3DSを立て直すために値下げと年末のマリオ新作・マリカー以外に何か手を打って来るであろうことは想像に難くありません。また最大の売りである裸眼3D表示がテレビでもネットでも伝えられず(ついでに横から覗いても二重像しか見えず)、岩田社長みずから「魅力が伝わるのに想定より時間がかかっている」と認めていることも事実です。

新ハードウェアについても、2012年投入かどうかはさておき、ニンテンドーDSとLite, DSi や歴代ゲームボーイのように、ひとつのプラットフォームのライフサイクルのなかで代替わりがあることはほとんど前提のようなもの。(ただし、任天堂は3DS発売前後のハードウェア編「社長が訊く」のなかで、DSシリーズで培った手法を投入して最初から小型化と耐久性を両立させたため、3DS lite はなかなか出せないだろうと語ってはいます)。

リンク先の「インサイダー証言」ではこのほか、アンバサダープログラムの先行購入特典が2D表示のバーチャルコンソールタイトルであること、岩田社長が2Dゲームも歓迎の態度を示したことをもって「降伏宣言」と表現したり、あるいは1万円の値下げは新型を発売するための在庫整理では?といったあやふやな部分も多数含んでいます。(任天堂の決算資料では、値下げを織り込んだ年度末までの3DS本体販売数予測は1600万台。すごい在庫整理です)。

以上、続報まではあくまでうわさでしかないものの、01net は 任天堂の家庭用新型 " Project Cafe "(後の Wii U) がコントローラに大型のタッチスクリーンを備えるとかなり初期に報じて「なんだそりゃ」と思われたり、またPS Vita のスペック表を引き写したような詳細を正式発表前に掲載するなど、正確なリークを載せてきた実績もないではありません。とりあえずは今後掲載される第2部~第5部を楽しみに待ちたいところです。
関連キーワード: nintendo 3ds, Nintendo3ds, rumor
50 シェア
4
9
21
0
16

Sponsored Contents