Sponsored Contents

alarm clockの最新記事

Image credit:
Save

見ず知らずの他人に起こしてもらうソーシャル目覚まし Talk O'Clock

Ittousai, @Ittousai_ej
2011年8月26日, 午前07:45 in Alarm Clock
100シェア
0
100
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

珍発明が絶えない永遠のテーマ「めざまし」にまたおかしなアプリ / サービスが現れました。Talk O'Clock は誰からかかってくるか分からないモーニングコールを設定できるサービス。単なるアラーム音でも音楽でもホテルの従業員でもなく、知らない相手との予想不可能な会話で頭を覚醒させます。

「ソーシャルアラームクロック」と名のっているように、仕組みはいわゆるクラウドソース。Talk O'Clock サービスにFacebook経由で参加することでアラームを設定でき、同時に「起こされたい誰か」の一覧から選んで目覚まし役になることもできます。アラームを設定する場合、決められるのは時刻と希望の性別 (不問も含む)。「もっと xx みたいに起こして」は(今のところ) 決められません。また自分のアラームに対して「めざまさせ希望者」が現れなかった場合には、システム側が用意しているロボが出動してアラームを鳴らします。また登録時にはSMSで番号を確認するため、他人の電話に頼んでいないモーニングコールをかけさせる悪戯も不可。

逆に起こす側になる場合、目の覚まさせ方 (というよりアラーム後の会話) は各自の自由。こちらも志願してから忘れてしまうことがないように、アラーム役の時間にアラームを設定できます。どちらの場合もアラームコールはサービス側が仲介するため、相手に自分の電話番号が伝わる心配はありません。サインインには Facebook を使うものの、相手に見えるのはファーストネームだけ。

Talk O'Clock は現在PCから使えるベータを実施しており、近日中に iOS / Android アプリ版が提供される予定。機械なら永遠にスヌーズできても人間からと思うと取らざるを得ない責任感のある人、とりあえず新鮮な刺激が欲しいかたには面白いかもしれません。続きは解説動画 x 2本。将来的には位置情報とも連動して、携帯ではない想定外の方法で起こされるバージョンも欲しいところです。

DVICE
source Talk 'O Clock





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: alarm clock, AlarmClock, clock, software
100シェア
0
100
0

Sponsored Contents