Firefox の Mozilla Foundation と Google が、Firefoxのデフォルトサーチ契約について合意に達したと発表しました。今年11月に期限切れしていた従来の契約と同様、今後少なくとも3年間は Firefox ブラウザの初期設定サーチエンジンは Google になり、Mozilla は Google から資金を獲得することになります。具体的な契約条件の詳細は非公開。

非営利団体であるモジラは資金の大部分をGoogleとの契約に依存しており、デフォルトサーチエンジン契約を更新できるかが今後の運営に対して大きな課題となっていました。Chromeの親に全面的に依存するのはどうなのかという話はあるものの、Firefox が心配で夜も眠れなかったかたにはひとまず安心できるニュースです。リンク先はモジラ・Googleによる発表文。
Mozilla と Google が再契約、今後3年は既定サーチエンジンを継続

0 コメント