Sponsored Contents

CESの最新記事

Image credit:

Parrotのクアッドコプターに小型軽量版 MiniDrone 、70cm跳ねる走行ロボ Jumping Sumo も登場

Hiromu Tsuda , @boobyn
2014年1月7日, 午前12:01 in Ces
232 シェア
61
92
0
79

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事



CES 2014 の前夜祭にあたる CES Unveiled会場より。スマートフォンやタブレットで操作できるクアッドコプター AR.Drone で知られる Parrotが、より身軽になった MiniDrone を披露しました。また、地上を走り2.5フィート(76cm)もジャンプするカメラ搭載ロボティック・トイ Jumping Sumo も公開しています。

なお、2014年のCES関連記事はこちら。



MiniDrone は、4つの小さなプロペラで空中を舞う、いわゆるラジコンヘリ。AR.Drone よりも小さく軽くなっており、AR.Drone 2.0で搭載したカメラは非搭載。

また、AR.Drone 2.0 では、プロペラに沿うようにガードするバーが配されていましたが、MiniDroneでは円形のバーが縦に置かれています。このバーがタイヤの役割をして、地上を走りながら、そのまま上昇するといった操作が可能です。

専用アプリをセットしたスマートフォンやタブレット端末と、Bluetoothで接続。操作させてもらえませんでしたが、説明員はMiniDroneも簡単に操作できるとしていました。本体内部の大半はバッテリーです。





Jumping Sumo もスマートフォンで操作するものですが、こちらは地上走行型。本体よりも大きなタイヤを備えており、これが本体をガードするバーの役目も果たしています。本体中央にはカメラを搭載しており、後方にはジャンプするための装置があります。

フィギュアスケートの選手のようにクルクルと回転し、小回りがきき、ジャンプも可能。本体のカメラでトリッキーな映像が撮影できます。


Gallery: Parrot MiniDrone, Jumping Sumo | 15 Photos



Source: Parrot
関連キーワード: CES, CES 2014, Jumping Sumo, MiniDrone, Parrot
232 シェア
61
92
0
79

Sponsored Contents