Sponsored Contents

active noise cancellationの最新記事

Image credit:
Save

オーディオテクニカから最大90%ノイズキャンセルBluetoothイヤホンATH-BT08NC。有線も対応

1シェア
0
1,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
オーディオテクニカがカナル型の Bluetooth イヤホン ATH-BT08NC を発表しました。フィードフォワード方式のアクティブノイズキャンセル機能を搭載し、最大90%の環境騒音低減をうたいます。

Gallery: Audio Technica | 6 Photos

6

 
 

ATH-BT08NC は耳の後ろに回さないタイプの首掛け型 Bluetoothイヤホン。前モデル ATH-BT04NC が搭載していたノイズキャンセリング機能は「85%以上の環境音低減」としていたのに対し、ATH-BT08NC は最大90%騒音低減効果をうたうのが特徴です。具体的なノイズキャンセリングレベルは最大でマイナス20dB。

首掛け型の Bluetooth イヤホンというと、左右ユニット上方から伸びたケーブルが首の後でつながっている形状が多いのに対し、ATH-BT08NC は首にかけるネックハンガーの左右先端に操作部とバッテリー部があり、そこからイヤホンが延びるような格好をしています。
 

 
有線接続にも対応しており、1.2m のオーディオケーブルが付属します。有線接続の場合もノイズキャンセル機能は使えます。さらにハウジング内部のセパレーター構造がノイズキャンセル使用時でも低音域を引き締めるとされています。

Blueototh 3.0に準拠し、プロファイルはA2DP /AVRCP /HFP /HSP。ペアリングしたスマートフォン経由で通話に対応します。コーデックは SBC に加え AAC および aptX に対応。ほかコンテンツ保護の SCMS-T に対応します。

最大8台の Bluetooth 機器を登録しておけるマルチペアリング、うち2台までの同時待受が可能なマルチポイントに対応します。
ドライバ―は13.5mm 径のダイナミック型。再生周波数帯域は有線接続時20Hz~24kHz、Bluetooth では20Hz~20kHz。出力音圧レベルは100dB/mW。インピーダンスは16Ω。

バッテリーの持ちは Bluetooth とノイズキャンセル機能同時使用の場合最大8時間。Bluetooth オン、ノイズキャンセルオフの場合は最大13時間の連続再生が可能。さらに有線接続とノイズキャンセルオンの組み合わせなら最大24時間。待受だけなら最大100時間持続します。充電時間はおよそ3時間。

イヤーピースを除く重さは約35g。イヤーピースはXS /S /M /L の4サイズを付属。ほか、キャリングポーチ、航空機アダプター、充電用 USB ケーブルなどを同梱します。

発売日は4月17日。オープン価格ですが、予想実売価格は税込2万円前後。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1,"likes":0
0

Sponsored Contents