Sponsored Contents

broadwellの最新記事

Image credit:
Save

VAIO Pro 13 | mk2発表。ビジネス向けに路線変更、耐久性と使い勝手を高めた13.3型軽量ノートPC

Shingi Hashimoto
2015年5月25日, 午前09:00 in Broadwell
229シェア
0
229,"likes":60
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

VAIO株式会社が、13.3インチフルHD・IPS液晶を搭載したモバイルPC『VAIO Pro 13 | mk2』を発表しました。本体色はブラックとシルバーの2種類。受注開始は6月3日から、発売兼最速到着日は6月11日から(シルバーはそれぞれ6月24日、7月2日から)。価格は10万9800円(税別)からです。

特徴としてはCPU(SoC)をBroadwell-Uこと第五世代Core i(TDP15W版)に刷新した点や拡張端子(ディスプレイ接続端子、有線LAN、USB端子)の増加などが挙げられますが、それより特筆すべきはとても大胆な製品コンセプトの変化。なんとビジネス向けの高耐久性モバイルノートとして、そしてVAIOのスタンダードモデルとして位置づけられることになりました(高級モデルとしてZシリーズが登場したため)。

Gallery: VAIO 13型モバイルPC VAIO Pro 13|mk2 | 22 Photos

22



ソニー時代からVAIO設立時に引き継がれたVAIO Proは、超軽量・薄型・そして比較的高級なモバイルPCという位置づけでした。対して今回のmk2は、上述したように堅牢性を重視したビジネスプロフェッショナル向けのモバイルPCとされています。

最大の特徴として位置づけるのが、先述した外装の堅牢性向上。本体素材は従来ProのUDカーボンから天面をマグネシウムに、底面はナイロンとガラス繊維から構成されるGFRPへと変更されていますが、内部側における弱点に剛性向上用のリブを設けるなどで全体としての剛性を向上しています。

加えて液晶の蓋部は、マグネシウムの塊を成型し、CNC加工で内側を抜いて成型。背面側の折り返し部を一体型とすることで、高い剛性を実現したとアピールします。






さらに厳しい耐久テストを実施しており、四隅に対して5cmの高さから5000回落下させる角衝撃試験や50kg重・1時間の加圧振動試験、6面に対する90cm落下試験、液晶蓋面に対する加圧試験、本体天面の1点にのみ力を加えたひねり試験などを実施。



さらにビジネスの現場で故障の原因となった、不意の事故でペンを挟んでしまった場合を想定したペンはさみ試験も実施。実際の厳しさも動画を見てわかるように、加圧試験やひねり試験、ペンはさみ試験などは本体外装が大きく歪むほどの力を加える非常に厳しいテストです。

VAIO側は、これらのテストをパスしたことで「ビジネスに安心をもたらす」とアピールします。

操作性の向上という点では、タッチパッドはボタン一体型から手前側に独立ボタンを置いたタイプに戻し、入力の確実性をアップ。さらにキーボードはVAIO Zで採用された沖電気製のユニットをそのまま採用。心地よいタイピング音とダンプ感が感じられる仕様となりました。

また内部剛性向上のためのリブが追加されたことで、キーボードやタッチパッドに触れた際の剛性感も向上しています。このあたりは実機を触っても感じられるポイント。



そして大きなポイントが、従来Proから拡張端子が増加した点。VGA(D-Sub 15ピン)ディスプレイ出力と有線LAN(1000BASE-T)、USB 3.0×1(合計3基)が加わりました。とくにUSB 3.0端子は2基が左側に移動し、左右両側で使える利便性の高いレイアウトになっています。さらにVGA端子は本体液晶、HDMI端子との同時使用により、3画面同時出力が可能な設計です。

加えて端子形状も直接ケーブルが装着できる、つまり外付けアダプタを必要としない構造。ビジネス向けモデルとしては使用頻度が高いこれらの端子が追加されたことで、本体だけでどこでも快適に使える点をアピールします。



対して本体デザインは、タッチパッド部を除いて基本的には従来Proと変わりありません。先だって開催された記者説明会では従来のPro(左)とmk2(右)を並べての展示もありましたが、一見区別が付かないほど。従来より評価の高い、底面との段差が少ないパームレスト設計なども継承されています。

なお、mk2のタッチパッドは、ボタンだけではなく本体に対する位置も変更されたのがポイント。従来のProが本体の左右中央付近なのに対し、mk2は若干左寄りとなり、スペースキーに対しての位置合わせが行われています。

ただし底面側は大きく変化。従来Proがクリーンボトム(ネジなどを極力隠したデザイン)なのに対し、ビジネス向けモデルとして重視されるメンテナンス性を高めるため、あえてネジを露出したデザインへと変更されました。

さらにネジの位置も中央付近の構造的弱点を補強するように変更。本体内部のリブなどと合わせて、本体剛性を高めた設計となっています。



液晶ディスプレイは先述したように、全機種でフルHD・IPS液晶を搭載。プリズム導光板を使った低消費電力化技術「集光バックライト」も採用しています。



またヒンジ部にマウントされた内蔵スピーカーは、VAIO Zでも挙げられた「大きな会議室でのプレゼンを外付けスピーカーなしで開催する」点を目標に、最大音圧を従来Pro比で6dB増加。ボックス構造の変更などで、人の声の聞き取りやすさも向上させた点をアピールします。

無線LANもVAIO Zで導入された技術をフィードバック。アンテナ位置を変更し感度と、弱電状況下での転送速度を向上させた点をアピールします。VAIO側でも「従来Proでの無線LAN接続性はユーザーから改良の要望がポイント」としているだけに、目立たないながらも力の入ったポイントです。

PCとしての基本性能は、冒頭で紹介したようにCPUが第五世代Core iに世代交代した点がポイント。GPU性能を中心に順当な性能強化が図られています。

個人向け標準モデルで廉価版となる『VJP1329SCH1S』の主な仕様は、

  • 本体色:シルバー
  • ディスプレイ:13.3インチ液晶(フルHD[1920×1080]表示、IPS駆動)、タッチ非対応
  • CPU:Core i3-5005U (2コア4スレッド、動作クロック1.6GHz)
  • GPU:インテル HDグラフィックス 5500 (CPU内蔵)
  • メインメモリ:4GB (デュアルチャンネル対応、増設不可)
  • ストレージ:128GB SSD(SATA 6Gbps)
  • ディスプレイ出力:HDMI×1、VGA(D-Sub15ピン)×1
  • 無線接続:IEEE 802.11ac Wi-Fi+Bluetooth 4.0
  • 有線LAN:ギガビット(1000BASE-T)対応×1
  • 拡張端子:USB 3.0×3、SDカードスロット、ヘッドホン出力
  • 本体サイズ:322×216.5×13.2~17.9mm (幅×奥行き×厚さ)
  • 重量:約1.03kg
  • その他:フロントカメラ(92万画素、Exmor R for PC CMOSセンサー仕様)搭載
  • OS:Windows 8.1 Update 64bit版

といったところ。

個人向け標準モデルの上位版『VJP1329GCJ1B』は、CPUがCore i3-5200U (2コア4スレッド、基本クロック2.2GHz、ターボ時最大2.7GHz)にアップグレードされ、本体色がブラックとなります。こちらの価格は14万4800円(税別)。

個人向け店頭販売モデルはこの2機種ですが、タッチ非対応モデルのみのラインナップになる点は、隠れた注目ポイントかもしれません。



CTO(注文生産)モデル用オプションとしては、CPUにCore i7-5500U (2コア4スレッド、基本クロック2.4GHz、ターボ時最大3GHz)やメインメモリ8GB構成、ストレージとしてPCI Express接続版を含む128/256/512GB SSD(合計6種類)に加え、タッチ対応液晶やWindows 7 Professional(64ビット版に加えて32bit版も選択可能)などが選択可能です。

本体サイズは、タッチ非対応モデルが322×216.5×13.2~17.9mm(幅×奥行き×厚さ)、タッチモデルが322×217.1×14.3~18.9mm(幅×奥行き×厚さ)。重量は約1.03~1.16kg。公称バッテリー駆動時間(JEITA 2.0測定法)はWindows 8.1使用時で約9.4〜10.4時間です。

従来Proでは、タッチ非対応で322×216×11.3~15.6mm、タッチモデルが322×216×12.8~17.2mm。重量が約0.94~1.08kg。バッテリー駆動時間は約10.5時間でした。
つまり幅と奥行き、バッテリー駆動時間はほぼ同じですが、最厚部ベースで2mm前後厚く、重量は100gほど増した格好となります。

このあたりも、従来Proが薄さと軽さを優先したのに比べ、拡張性などとのバランスを優先した点、つまり路線変更が覗えるポイントです。

ただしさりげなく重要な(?)点は、従来Proでは13と同時発売された11インチ液晶モデル『VAIO Pro 11』は販売継続されるという点。記者説明会では現在準備中という旨の解説もありましたが、どうもこちらはまた別路線となりそうな気配もあり、楽しみなところです。



このようにVAIO Pro 13 | mk2は、デザインこそ従来モデルとほぼ変わりありませんが、中身を見ていくと設計コンセプトの変化により、大きく仕様が変わった点が伺えます。
重量などの増加は残念なところですが、堅牢性や拡張端子の増加、操作性の向上といった改良点自体は、ビジネス向けモデルとしてだけではなく、個人向けとしても受け入れられそうなものでしょう。

この路線変更がどう評価されるのか、かなり楽しみなモデルと呼べそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: VAIO
関連キーワード: broadwell, vaio, vaio pro, vaio pro 13 mk2
229シェア
0
229,"likes":60
0

Sponsored Contents