Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

市販版 Oculus は Xbox Oneコン付属、Windows 10とストリーミングプレイ対応

Ittousai, @Ittousai_ej
2015年6月12日, 午前06:26
163シェア
0
163
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


没入型VRヘッドセットのOculus VR社が、Xbox とのパートナーシップを発表しました。

来年早々に出荷される一般向け市販版の Oculus ヘッドセットには標準で Xbox One コントローラが付属するほか、Windows 10 とシームレスに使え、Xbox One ゲームの仮想大画面ストリーミングプレイに対応します。



Gallery: Oculus Rift consumer edition | 58 Photos

58

Gallery: Oculus Rift consumer edition product images | 14 Photos

14



これまで開発者向けに販売されてきたいわゆるオキュラス、仮想現実ヘッドセット Oculus Rift は実質的に頭部トラッキングセンサが付いたヘッドマウントディスプレイで、映像処理そのものは外部の有線接続PCが必要でした。

2016年の第1四半期に出荷される市販版 Oculus も、原則PCに接続する点は変わりません。このため標準コントローラとして付属する Xbox One コントローラは、同梱のWindows PC用Xbox Oneコントローラアダプタを介して利用します。

Xbox One ゲームのストリーミングプレイも、Windows 10 が標準でサポートする機能。Oculus をWindows 10 PC に接続した際に使える機能なので、PCのかわりに Xbox One を Oculus に直結して遊べるわけではありません (少なくとも当初は)。

また Xbox One ゲームのストリーミングプレイは、OculusのようなVRヘッドセットでしか実現できない360度3D仮想現実ゲームというわけではなく、オキュラスをかぶると仮想のリビングルームに大画面モニタが浮かび、そこで従来の Xbox One ゲームができる仕組み。仮想の映画館で映像コンテンツを見るOculus Cinema のXbox One ゲーム版といった感覚です。

Oculus は広い視野に対応するための高精細や3Dなどの処理にある程度のGPU性能を持ったPCを必須としていることから、目の前の四角い画面だけで苦労している Xbox One をPCの代わりにすることはできません。とはいえ Oculusとサムスンが共同開発したGear VRのように、比較的低い処理能力を前提としたVRの方向もあるため、今後に関していえばXbox One とOculus も何らかの展開があるかもしれません。一方でソニーは、プレイステーション4向けのVRヘッドセットとしてProject Morpheusを用意しています。



各社の仮想現実ヘッドセット向けの入力方法としては、ヘッドセット側に奥行きカメラ(3Dセンサ)を付けてユーザーの素手の動きや指をそのまま取り込もうとしたり、WiiコントローラやPS Moveのようなモーションコントローラを持たせたり、あるいは従来のゲームコントローラを使うなど、さまざまな試みが続けられてきました。

Xbox OneコントローラはPCゲーム向けゲームパッドとしてほぼ標準となってきた Xbox 360コントローラの後継であり、Windows 10との親和性が高い特性があります。

古くから存在しつつまるで普及しなかったVRヘッドセットというジャンルですが、Oculusは当初からゲーム特化を宣言し、ゲームのための広視野や低レイテンシを追求することでまずゲーム開発者とPCゲーマーからの支持を取り付け商売の絵を描いてみせ、結果的にゲーム以外の広いVRの可能性も分かりやすく示すことに成功してきました。

VRヘッドセットなのに旧来型のコントローラが標準付属するのはどうなの?という感覚もありますが、OculusがもともとPCと接続するPCゲーム向けであることを思えば、また現実的にゲームメーカーが最初から操作系統までまったく新しいゲームを開発する難しさを思えば、PCで標準のコントローラ(の後継品)を標準とするのは当然でもあります。



Xbox Oneコントローラを標準として同梱する一方で、Oculus VR社はバーチャルリアリティ時代に向けた新しい独自入力機器も用意しています。こちらが本日発表された Oculus Touch。片手につきひとつずつ握って使うコントローラで、両手の自由な動きと位置入力に対応しつつ、トリガーやボタンなどは物理的な手応えがあり、振動によるフィードバックも与えられます。

Oculus 製品版の出荷は2016年第1四半期。Oculus Touchコントローラは同時発売ではなく、まず来年早々に開発者キットを出荷して対応を促したのち、一般向けに追加コントローラとして販売する予定です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

163シェア
0
163
0

Sponsored Contents