最新記事

Image credit:

水道橋重工クラタス、米MegaBotsの挑戦を受けて立つ。格闘で「ブン殴って倒して勝つ」

Ittousai , @Ittousai_ej
2015年7月6日, 午後04:54 in Kogoro Kurata
11425 シェア
7665
2981
383
75
321

注目記事

人気記事




突然の決闘申し込みから数日、水道橋重工が米国MegaBotからの挑戦に回答動画を公開しました。出演は水道橋重工のCEOであり搭乗型ロボットKURATASの開発者 倉田光吾郎氏。

巨大ロボットは日本の文化であり他国に取られるわけにはゆかない、と対戦を受け入れるとともに、「ブン殴って倒して勝つ」と格闘戦を要求しています。

Gallery: 水道橋重工KURATAS、アメリカMegaBotsの挑戦を受けて立つ | 8 Photos








メガボットの星条旗マントに、わざわざ日の丸をまとう演出つき。







挑発も丁寧に。





ペイント弾を撃てるぞ!と宣戦布告してきた相手に「ブン殴って倒して勝つのがやりたい」と格闘戦を要求。

メガボット2もクラタスも「いわゆる巨大ロボットの外見で」人が乗ってそれらしく動けるまでをクリアした程度で、当然ながら殴り合いは想定していません。ルール策定がどう進むかはさておき、一年後の対戦までに両社とも大幅な進化が必要となりそうです。




公式Blog 「なんでも作るよ。」での倉田氏所感は、

どんな返事だろうと、早い方が色々いいわな、、、ということで、この2~3日はフル回転。
アイツらは、ビデオゆっくり作るもあったのだろう、ちょっとずるい。
こっちも仲間は精鋭揃いとはいえ、大変なんだぞ、、、。


と、唐突な挑戦に大急ぎで回答動画を制作するはめになったことをぼやきつつ、

国旗があろうが、アメリカ人だろうが日本人だろうが。
戦いに憎しみ持ち込んだら戦争、憎しみの無い戦いはスポーツというのがオレの認識。
今回は間違いなく後者、スポーツ。

だって、自分で作ったロボット自慢したくてこんなバカ動画送ってくる連中だぜ。
まだ会った事もないけど、オレ、こういう連中大好きだもん。

全力で遊んでやんよ。
でも負けねぇぞ。


わざわざ星条旗をまとって鉄砲自慢で挑戦してきたMegaBots, Inc 側の「日米対決」アングルに乗りつつも、あくまで憎しみのないスポーツであるとして、オーディエンスの過熱を制しています。

11425 シェア
7665
2981
383
75
321