Sponsored Contents

ARMの最新記事

Image credit:
Save

ウェアラブルでスマホ並グラフィックスを実現、ARMが新GPU『Mali-470』発表。16年後半登場予定

Takahiro Koguchi, @TKoguchi787
2015年11月4日, 午後07:30 in Arm
132シェア
0
132
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


ARMは、スマートウォッチやIoTデバイス向けの新GPU Mali-470 を発表しました。消費電力を抑えつつ、スマートフォン並のリッチなグラフィックスに対応する点が特徴。搭載デバイスは2016年後半に出荷が開始される見通しです。

Gallery: ARM Mali-470 | 3 Photos

3


Mali-470は、スマートウォッチやIoT、産業用制御パネルや医療モニターなど、省電力特性を重視するデバイス向けのGPUです。概要は下記の通り。

  • Mali-400比で半分の消費電力、2倍の電力効率
  • シングルコア構成で最大640 x 640解像度をサポート。マルチコア構成ではそれ以上
  • フレームレートとレスポンスを改善
  • Mali-400比でダイ面積を10%削減、半導体コストを削減
  • 低電力CPU Cortex-A7またはCortex-A53との組み合わせに最適化



Android WearなどのモバイルOSでリッチなグラフィックスを実現する Open GL ES 2.0をサポートする一方、消費電力はMali-400比で半分に、電力効率は2倍に高められています。

このため、省電力の優先順位が高いウェアラブル・IoTデバイスにおいて、ユーザーがスマートフォンで慣れたリッチなUIやグラフィックスを使えるとしています。ARMによると、同GPUを搭載した製品は2016年後半に出荷される見通し。スマートウォッチやIoTなどの、省電力デバイスのグラフィックス新時代を切り拓けるか注目です。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: ARM
関連キーワード: ARM, mali-470, SmartWatch
132シェア
0
132
0

Sponsored Contents