Other

アラブ首長国連邦・ドバイで開催される国際ドローンレース『World Drone prix in Dubai』。賞金総額100万ドル(約1億2000万円)という前例のないほど大規模なレースの日本選考会が、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスで2月14日に開催します。

エントリーは終了していますが、観戦は可能。なお入場料は無料です。

World Drone Prix In Dubai

すべての写真を見る

4 枚



『World Drone Prix In Dubai』は、3月11日にドバイで決勝戦が行われるドローンのレースイベントです。

世界各地で選考会が行われ、日本では慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパスで開催予定。開催日は2月14日9~17時。雨天時は15日に延期されます。

Other

今回の選考会は慶應義塾大学 SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムとの共催で実施され、日本のドローンコミュニティのミートアップとしても位置付けられています。選考会以外にも、参加企業および団体の展示やドローンのデモフライトなども実施するとのこと。

選考は、大学グラウンド上のコースを周回し、ドローンに搭載したカメラのFPV(ファーストパーソンビュー)映像を提出してエントリーするという流れ。スムーズな機体操作やスピード、操縦能力、ピット作業、ターン角度、ターン精度などから決勝に出場できるかどうかが判断されます。

『World Drone Prix In Dubai』は、パイロットのほかにナビゲーター、技術者、ピットクルーも必要となるほか、ドローンやコースに細かいレギュレーションが設けられた本格派イベントです。大学内をドローンが飛行するというユニークさも手伝い、つい足を運びたくなりますね。

賞金総額1億円超、国際ドローンレースの日本選考会が慶應SFCで2月14日開催。入場無料
広告

0 コメント

広告