フロンティアファクトリーが、Klipsch 初の Bluetooth イヤホン、K6 Bluetooth を国内発売します。発売日は2月19日。オープン価格ですが、フロンティアファクトリーの直販サイトでは1万6800円で販売します。

Klipsch R6 Bluetooth

すべての写真を見る

8 枚


R6 Bluetooth は左右ユニットを耳たぶに引っ掛けるように装着するタイプのBluetoothイヤホン。その形状、とくに耳たぶの後ろの部分は、最近の Bluetooth イヤホンではなかなか見かけない大きさをしているものの、リリース文いわくそれは「Klipschらしい音、装着感、使い心地を目指した」とのこと。また「重さは23gと軽量」と見ためよりは軽いことを強調しています。

また左右ユニットはアルミニウムボディにエラストマー素材を採用し、軽さに加え肌触りの良さも獲得。、製品紹介ページでは「クリプシュサウンド+最高の装着感」「洗練されたデザインと抜群の装着感」と、装着感推しを展開しています。

大柄なユニット部ではなくケーブル部に iOS / Android 両対応の3ボタンリモコンを装備。ノイズキャンセル技術 cVc(Clear Voice Capture)を備え、高い遮音性の Oval Ear Tips は3サイズに加えダブルタイプ(Sサイズ)を付属します。
Bluetooth 4.0に対応し、コーデックには標準の SBC にくわえて高音質コーデックの AAC と aptX を採用。プロファイルは Multipoint A2DP、AVRCP、Multipont HFPを搭載。Multipoint A2DP Multipoint HFPに対応しているため、たとえば、iPad で R6 Bluetooth を使って映画を視聴中に、スマートフォンに電話がかかってきたりしても Bluetooth の接続切り替えがスムーズに行えます。

ドライバーは KG-065 Dynamic Moving Coil Micro Speaker を搭載。6.5mm径のダイナミックドライバーで周波数帯域は10Hz〜19kHz。出力音圧レベル110dB、インピーダンス18Ω。装着時の遮音性は-22dB。

バッテリーは1時間ほどで充電が可能、最大で約8時間の駆動が可能です。連続待受けは最大250時間。iOS のバッテリー残量表示に対応します。

その他、キャリングポーチと充電用のUSBケーブルが付属します。

Klipsch 初の Bluetooth イヤホンはレギュラーモデル R6 シリーズのひとつとして、"有線のイヤホンにも劣らない高音質"をアピールします。「ワイヤレスの便利さ」と「Klipsch の音」、そして「装着感」。全部ほしい人向けのイヤホンと言えそうです。
Klipsch初のBluetoothイヤホンR6 Bluetoothは"有線に劣らない高音質"。2月19日国内発売
広告

0 コメント

広告