富士通は、2015年8月から実施しているノートPC用バッテリパックの自主回収について、新たに2013〜14年モデルの18機種を追加したと発表しました。バッテリパックはパナソニック製で、発火し火災に繋がる恐れがあるとしています。


富士通は去年8月に、自社製ノートPC 2011年〜2012年モデル 29機種のバッテリパック自主回収・交換を開始しました。

今回、新たに2013年〜2014年モデルの18機種を追加。対象製品は計37機種になりました。

なおバッテリパックはパナソニック製で、現時点で発火などの事故は発生していないものの、さらなる事故の未然防止に向けて交換・回収を実施しているとしています。該当製品のユーザーに対しては無償交換に申し込むよう案内しているほか、安全のため、交換前のPCはバッテリパックを取り外した状態で使うように呼びかけています。

対応機種の詳細については富士通の公式ページをご覧ください。
発火の恐れ、富士通がノートPC一部機種のバッテリを自主回収。対象に2013〜14年モデル18機種追加
広告

0 コメント

広告