日本エイサーが、キューブ型PC Aspire Revo Buildを発表しました。HDDやスピーカーなどの別売のブロックを本体に積み上げることで、簡単にカスタマイズができるのが特徴です。発売日は2月19日。想定売価は2万7000円前後となっています。

Acer Aspire Revo Build

すべての写真を見る

6 枚


Aspire Revo Buildは、横幅約135mm、容積約1L、重さ約480gの小型のキューブPCです。別売のブロックを本体に積み上げることでカスタマイズが可能で、1TBのポータブルHDDの「HDD Block 1TB」、デュアルスピーカーの「Audio Block」のほか、「Wireless Power Bank Block」という3種類のブロックが用意されます。

Wireless Power Bank Blockは、ワイヤレス充電規格Qi対応の充電器となり、Qi対応のスマートフォンを置くだけで充電できるほか、外に持ち出して11960mAhのモバイルバッテリーとして利用することも可能です。

なお、本体と各ブロックはマグネット式コネクターで接続するため、配線は不要。また、動かしたときなどに、ブロックが横にずれてしまう心配もありません。最大3ブロックを増設でき、HDDは2台まで設置可能です。

主な仕様は、OSがWindows 10 Home 64bit。プロセッサはインテルCeleron N3050
(1.60GHz)。グラフィックはプロセッサ内蔵のインテルHD グラフィックス。メモリは標準2GB、最大8GB。無線機能は802.11a/b/g/n/ac Wi-FiとBluetooth 4.0に対応します。

外部インターフェイスは、側面がUSB3.0ポート×1、ヘッドホン出力。背面がUSB3.0ポート×2、イーサネット、HDMI、DisplayPort。また、SDカードリーダーを搭載するほか、USB接続のキーボードとマウスが付属します。

本体カラーはブラックのみ。寸法と重さは、高56 x 幅135 x 奥135mm、約480g。

本体および別売ブロックの「HDD Block 1TB」「Audio Block」は2月19日に発売。「Wireless Power Bank Block」は、3月11日発売予定となっています。
エイサー、積み上げて機能拡張するキューブPC『Aspire Revo Build』。HDDや充電ポートを簡単増設
広告

0 コメント

広告