凸版印刷と白球、昭和機電の3社は、カラー電子ペーパーを採用したイヤーアクセサリー『VIEWS』を共同開発しました。正三角形の電子ペーパーを3つ組み合わせた正四面体のイヤーアクセサリーとなり、表示されるデザインを自由に変更できるのが特長です。

イヤーアクセサリー『VIEWS』

すべての写真を見る

5 枚


『VIEWS』は、カラー電子ペーパーを正四面体の3側面に搭載し、各面に表示される絵柄を好みのデザインに切り替えられるイヤーアクセサリーです。その日の気分やコーディネート、シーンに合わせて、デザインを自由に変えられます。

電子ペーパーには、凸版印刷が2015年9月に開発したセグメント型カラー電子ペーパーを採用。表示させたい画像をあらかじめ電極の形状として回路設計することで、デザイン性の高い滑らかで美しい表示が可能となっています。

『VIEWS』のデザインを変えたいときは、専用ドックに載せてボタンを押すことで、各面の電子ペーパーを書き換えることができます。3面の組み合わせで、50以上のデザインパターンの表現が可能です。なお、本体にはバッテリーや通信機能を搭載しておらず、表示部以外の機能はすべて専用ドックに実装されています。これにより、軽量化と軽快な着け心地を実現したとしています。



本体の寸法は、正四面体の1辺が3cm。重さは約3g。

今後、3社ではアパレルメーカーやファッションデザイナーなどに共同開発を提案し、2016年内の製品化を目指すとのこと。すでに2月上旬よりプロトタイプのサンプル提供を開始しています。

カラー電子ペーパーを採用したファッションアイテムとしては、デザインを自在に変えられるスニーカー『ShiftWear』も話題になりました。今後、ファッション分野での電子ペーパーの活用がますます進むかもしれません。
カラー電子ペーパー搭載イヤーアクセサリー『VIEWS』発表、気分やコーディネートに合わせデザインを書き換え
広告

0 コメント

広告