テクニクスが、アナログレコード ターンテーブル「SL-1200GAE」を発表しました。2016年後半に発売を予定する通常モデル「SL-1200G」に先駆けてのテクニクスブランド50周年記念モデルで、伝統のダイレクトドライブ方式も踏襲しています。

SL-1200シリーズといえば、DJなら誰もが知っているターンテーブルの名機。復活したテクニクスは、一時は全く新しい本格オーディオとしてのターンテーブルを施策していたものの、ユーザーからSL-1200を求める声が多く寄せられたため方針を転換。CES 2016にてシリーズ復活作となるSL-1200Gを発表しました。

パナソニックは"今もテクニクスは高級オーディオブランド"との位置づけから、昔も今も SL-1200G を DJ 用とは語っていません。それでもこれまでもモデルの実力を考えれば、世の DJ 諸氏にとっては発売が待ち遠しい製品となっているはずです。

今回正式発表した SL-1200GAE はそんな SL-1200G に先駆けて発売するテクニクスブランド50周年記念モデル。SL-1200G のパーツをさらに高級なものに置き換え、よりオーディオとしての価値を高めた製品です。全世界で1200台限定となり、日本国内の割当は300台。

伝統のダイレクトドライブを担うモーターにはコアレス・ダイレクトドライブモーターを新開発、厳選したという各種パーツ、ディーガの開発で培った高精度デジタル制御技術の採用によって、2010年まで生産していた従来品よりもさらに安定した回転を実現したとしています。
またトーンアームには高減衰特性を持つマグネシウム素材をテクニクス/パナソニックとして初めて採用、プラッターは真鍮とアルミダイキャストを使った3層構造として剛性を高めるとともに振動を抑制。さらにプラッター裏側にはSL-1200GAE専用の仕様としてタイカ工業の防振素材アルファゲル(αGEL)を使用。徹底した振動対策を施してアナログレコードの微細な音声信号の再生を実現するとのこと。
その他、ピッチコントローラーは、±8% / ±16%、回転数33 1/3、45、 78rpmに対応します。ワウ・フラッターは0.025% W.R.M.S.、SN比78dB。出力はPHONO 端子およびアース端子。

本体大きさは453 x 173 x 372mm、重さ約18kg。

発売日は2016年6月24日。税抜価格は33万円。

SL-1200GAE はすべて国内生産品で、記念モデルとしてシリアルナンバーを天面に刻印します。予約開始は4月12日から。
復活のターンテーブルSL-1200GAE正式発表。テクニクス50周年記念1200台限定品、量産型SL-1200Gの時期は未定
広告

0 コメント

広告