Sponsored Contents

zteの最新記事

Image credit:

2万円台でフルHD+指紋認証の高コスパSIMフリースマホ ZTE Blade V580が本日発売

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年3月28日, 午後01:30 in Zte
368 シェア
64
146
5
6
147

注目記事

人気記事



ZTEは、SIMフリースマートフォンの新モデル ZTE Blade V580を本日3月28日に発売しました。

市場想定価格が3万円を切る税別2万7800円という低価格ながら、5.5インチフルHDディスプレイに8コアCPU、そして通常ハイエンドスマートフォンに搭載されている指紋認証に対応した点が特徴です。なお当初3月25日発売予定とアナウンスしていましたが、本日にずれ込む形になりました。

ZTE Blade V580の主な仕様は下記のとおりです

  • MediaTek MT6753 64bit 1.3GHzオクタコアプロセッサ
  • 5.5インチ 1920 x 1080 フルHDディスプレイ
  • 2GB RAM
  • 16GBのストレージ容量
  • microSD外部ストレージ(最大32GB)
  • 背面1300万画素カメラ
  • フロント500万画素カメラ
  • 3000mAhのバッテリー容量
  • 本体サイズ/重量:77.2 x 155.3 x 8.6mm / 165g
  • Android 5.1 Lollipop
搭載するMediatek MT6753プロセッサは、Cortex-A53 の8コア構成CPU構成。1.3GHzとクロック周波数も抑えられているため、特別ハイパフォーマンスというわけではありませんが、それでもWEB閲覧やSNS、ソーシャルゲームといった用途なら特に問題はないものと思われます。



ボディはメタリック調。画面は5.5インチとiPhone 6s Plusと同じ大型ではありますが、ラウンドシェイプを施したことで手に馴染みやすいとしています。本体サイズは77.2 x 155.3 x 8.6mm、重さは165g。バッテリー容量は3000mAhで、普段使いならば十分と言えそうです。

対応周波数はFDD-LTE:2100MHz(B1)/1800MHz(B3)/900MHz(B8)/800MHz(B19)、HSPA/WCDMA:2100MHz(B1)/800MHz(B6)/900MHz(B8)/800MHz(B19)、GSM:1900MHz/1800MHz/900MHz/850MHz。なおSIMスロットは2つ搭載し、スロット1はnanoSIM、2はmicroSDまたはnanoSIMとなります。

なお1年前であれば、2万円台のSIMフリースマホの価格相応スペックはHD液晶、1GB RAMなどでした。それがZTE Blade V580ではフルHD液晶に2GB RAM、指紋認証を搭載。低価格SIMフリー端末のスペックがこの1年で着実に向上していることが読み取れます。2万円台後半〜3万円台は売れ筋ラインでもあるだけに、新生活に向けて通信費を抑えたいユーザーのSIMフリースマホ入門機としても良さそうです。

関連キーワード: zte, ZTE Blade V580
368 シェア
64
146
5
6
147

Sponsored Contents