Sponsored Contents

kddiの最新記事

Image credit:

携帯電話キャリア3社、九州地方で公衆無線LANを無料開放中。統一SSID「00000JAPAN」でキャリア問わずに利用可能

TOKORO KEI
2016年4月15日, 午後03:45 in Kddi
10525 シェア
4041
6331
19
24
110

連載

注目記事

人気記事

ミニ スーパーファミコン国内発表。幻の『スターフォックス2』、パネルでポン、FE紋章の謎も含む国内版21本内蔵

ミニ スーパーファミコン国内発表。幻の『スターフォックス2』、パネルでポン、FE紋章の謎も含む国内版21本内蔵

View



NTTドコモとKDDI、ソフトバンクの大手キャリア3社は、4月14日に熊本県を震源として発生した地震に伴い、熊本県内または九州地方で、各社が提供する公衆無線LANサービス(Wi-Fiスポット)を無料で開放しています。
SSIDは「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)。ゼロの数は5つです。

またリアルタイムの運用情報は無線LANビジネス推進連絡会の特設ページで確認できます。



無料開放されているエリアは各社により状況が異なりますが、熊本県内または九州地方で、ドコモの「docomo Wi-Fi」、KDDIの「au Wi-Fi SPOT」、ソフトバンクの「ソフトバンクWi-Fiスポット」を無料で利用できます。

また、契約しているキャリアは関係ありません。「00000JAPAN」というSSIDが見つかる(通信できる)場所であれば、無条件でスマートフォンやタブレット、PCなどで接続し、Wi-Fiによるデータ通信を行えるようになっています。

接続手順は、スマートフォンやPC、MacのWi-FiをONにし、SSIDで「00000JAPAN」を選択するだけ。非常用ということもあり、パスワードは掛けられていない設定です。なお、「00000JAPAN」と、SSIDの頭に5つのゼロが付くのは、SSIDの一覧で上位に表示されるようにする意図です。

この取り組みは「無線LANビジネス推進連絡会」において、各事業者が提供するWiFiサービスを大規模災害発生時に被災者の通信手段のひとつとして有効利用してもらうことを目的に、共通仕様の策定やガイドラインの整備を行い、災害用統一SSID「00000JAPAN」として提供されるものとなります。

各社の状況を見てみると、ドコモは15日午前3時30分時点で熊本県内の一部で無料開放を実施しており、今後、順次拡大する予定。KDDIは15日午前8時36分より順次、九州地方全域に設置されたWiFiスポットを無料開放するとしています。また、ソフトバンクは14日午後11時59分時点で熊本県内のWiFiスポットを開放しており、九州地方全域へ順次拡大していく方針。

リアルタイムの情報は、冒頭でも紹介した無線LANビジネス推進連絡会のページで確認可能です。


この「ファイブゼロジャパン」の他にも、災害地にいる方との連絡を助けるための各種サービスが、携帯電話キャリア各社やGoogle、Facebookといった大手ネット関連企業から提供されています。本誌でも下記記事にまとめておりますので、ご参照くだされば幸いです。

熊本地方の地震について。携帯各社、LINE、Google、Facebook、気象庁など

Source: NTTドコモ
関連キーワード: kddi, nttdocomo, softbank, wifi
10525 シェア
4041
6331
19
24
110

Sponsored Contents