Sponsored Contents

moviesの最新記事

Image credit:
Save

全天球動画の簡易編集アプリ『THETA+ Video』Android版が公開。簡単操作で動画のカットやBGMを差し替え

Shinichi Sekine, @sekine_s
2016年7月28日, 午後05:00 in Movies
112シェア
0
112
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

リコーは、全天球カメラ『THETA S』で撮影した動画を編集できるAndroid用アプリ『THETA+ Video for Android』を公開しました。iOS版は2015年12月に公開済み。

『THETA S』『THETA m15』で撮影した全天球動画や、既存のTHETA専用アプリ『THETA+』で作成したタイムラプス動画の編集や加工が行えるアプリ。動画の長さを任意にカットできるトリム機能や、色調を変えられるフィルタ、各種SNSへの投稿機能を備えます。

Gallery: THETA+ Video for Android | 5 Photos

5


動画編集機能"トリム"では、始点から終点までをスリーブ状に表示し、任意の秒数で動画を編集可能。動画のBGMも設定でき、音源は内蔵の8種類に加えて、ユーザーが所有する音源も使えます。また、元の動画に入っている音声はミュートすることもできます。フィルタの色調は10種類を用意。

SNS共有機能では、InstagramとFacebookに動画を投稿可能です。再生機能も内蔵しており、4種類(Mirror ball、Little planet、Equirectangular、Rectilinear)の中から動画の見え方を選択できます。

対応バージョンはAndroid 4.4~6.0。

THETA+ VideoはSNSへ動画を投稿する目的に特化しており、映像のカットとBGMの差し替え、音声のミュートなど、機能を絞ったことにより操作もシンプルな点が特徴です。最近になって、全天球カメラはVR向け映像の撮影にも使われるケースが増えており、SNSでも個人がTHETAで撮影し、アップロードした全天球動画を見かけるようになりました。

全天球映像を撮影する民生用デバイスの市場では、直近でサムスンがGear 360で参入を果たしたほか、すでにライブストリーミングの映像ソースとしても使えるようになっており、いわゆる"スマホVR"で全天球映像を楽しむ方向性が広く提案され始めています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: RICOH
関連キーワード: movies, ricoh, theta
112シェア
0
112
0

Sponsored Contents