Sponsored Contents

Appleの最新記事

Image credit:

新型MacBook Proが最大メモリー16GBの理由は「それ以上はバッテリー持ちに悪影響を与える」ため

Kiyoshi Tane
2016年11月3日, 午後09:00 in Apple
831 シェア
218
271
52
6
284

連載

注目記事

人気記事

ニンテンドースイッチ版『モンスターハンターXX』は8月25日発売、限定デザインの同梱本体も

ニンテンドースイッチ版『モンスターハンターXX』は8月25日発売、限定デザインの同梱本体も

View

先日発売および予約がスタートした新型MacBook Proは最大でも16GBまでしかメモリー搭載のオプションがなく、32GBが選べません。この方針につき、アップル幹部のフィル・シラーは「16GB以上のメモリーは消費電力が多く、ノート型ではバッテリーの持ち時間に悪影響を与えるから」との見解を示したことが、アップル系情報サイトMacRumorsにより伝えられています。
MacBook Proといえば仕事に使うプロ志向で、重い動画編集などに使われることが多く、メモリーは多ければ多いほど動作が快適になるもの。ところが、新型MacBook Proのメモリーは最大でも16GBどまり。このことにつきメールで質問したユーザーに対して、フィル・シラーと以下のやり取りがあったと伝えられています。

質問: The lack of a 32GB BTO option for the new MBPs raised some eyebrows and caused some concerns (me included). Does ~3GBps bandwidth to the SSD make this a moot issue? I.e. memory paging on a 16GB system is so fast that 32GB is not a significant improvement?
(BTOで32GBオプションがないことにつき、ユーザー(私も含めて)は眉をひそめています、3GBbpsの(速い)帯域のあるSSDが影響しているのでしょうか? 16GBシステムでも、32GBにする必要が無いほど速いのでしょうか)

回答:Thank you for the email. It is a good question. To put more than 16GB of fast RAM into a notebook design at this time would require a memory system that consumes much more power and wouldn't be efficient enough for a notebook. I hope you check out this new generation MacBook Pro, it really is an incredible system
(ありがとう、良い質問です。現時点ではノート型に16GB以上のメモリを搭載すると、より多くの消費電力が必要なシステムとなって、ノートPCには向いてないんです。ぜひ新世代のMacBook Proを手に取ってください、本当に素晴らしいシステムですよ)。


「現時点では」ということは、将来的には変更されるふくみを持たせる言葉です。実際、確度の高いアップル情報で知られる(外れることもありますが)KGI SecurityのアナリストMing Chi Kuo氏は、2017年の新型MacBook Proでは32GBのメモリを選べると予想しています

MBP
ただし、それはインテルの新型プロセッサ「Cannonlake」(2016年型は前世代のSkylake)が間に合うかどうかにかかっています。Cannonlakeと低電圧・低消費電力のメモリ規格「LPDDR4」の組み合わせにより、現行より15〜20%の省電力が実現され、より多くのメモリーが搭載できるとのこと。

多くのMacBook Proユーザーは、重い処理や細かな動画編集などは自宅で作業すると思われますが、アップルとしては「モバイル」を重視する方針のようです。発表と同時にTouch Bar搭載モデルを予約し、まだ手元に製品が届かないユーザーにとっては、噂される来年モデルでも32GB搭載が「間に合わない」方が心穏やかになれそうです。
Source: MacRumors
関連キーワード: Apple, Mac, MacBook Pro
831 シェア
218
271
52
6
284

Sponsored Contents