Sponsored Contents

Actioncamの最新記事

Image credit:

カシオ、ISO感度5万オーバーの新アクションカム「EX FR110H」12月9日発売。暗所撮影を強化

ナイトハイクのお供に

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年11月30日, 午前10:10 in Actioncam
302 シェア
83
118
0
101

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ドコモ発表まとめ、やる気が見えないauとソフトバンクの真相。各社を悩ますiPhone XデーにAndroid勢の異常事態

ドコモ発表まとめ、やる気が見えないauとソフトバンクの真相。各社を悩ますiPhone XデーにAndroid勢の異常事態

View
「Mac miniは将来的には重要なラインナップの一部」アップルのティム・クックCEOがユーザーに回答?

「Mac miniは将来的には重要なラインナップの一部」アップルのティム・クックCEOがユーザーに回答?

View

カシオ計算機は、分離型アクションカメラEXILIM Outdoor Recorderの新モデル「EX-FR110H」を12月9日に発売します。予想実売価格は6万円前後。最大ISO 5万1200で撮影できる超高感度裏面照射型CMOSセンサーを搭載するほか、35mmフィルム換算で20mmの広角レンズを搭載。防水・防塵にも対応します。

カシオのOutdoor Recorderシリーズといえば、カメラ部と液晶画面付きのコントローラー部を分離できるスタイルが特徴のカメラです。例えば、液晶付きのコントローラー部を外して、カメラ部だけを身に着けてウェアラブルカメラとして利用可能。レンズと液晶モニター面を同じ向きにすれば、自分撮りに最適なセルフィーカメラとしても利用できます。

その新モデルとなるEX-FR110Hは、最大ISO51200での撮影が可能な高感度裏面照射型CMOSセンサーを搭載。これにより、暗がりでも明るい写真が撮影でき、洞窟探索やナイトサファリ、ナイトハイク、キャンプなど暗所でのアウトドアで活躍できるとしています。また、有効画素数を190万画素に抑えることで、1画素あたりの面積を大きくし、高感度を実現したとしています。


▲EX-FR110Hで撮影


▲従来モデルで撮影

また35mmフィルム換算で20mmの広角レンズを搭載。IPX8、IPX6相当の防水、IP6X相当の防塵性能、-5℃の耐低温仕様、1.7mからの落下に耐える耐衝撃性能(合体時は1.3m)などといったタフネス性能を備え、アウトドアシーンでもラフに使える耐久性も備えます。


▲従来のアクションカメラとの比較・ISO 5万1200の高感度センサーにより、暗がりでも鮮明に撮影できる

Source: カシオ
関連キーワード: Actioncam, camera, iso, outdoor
302 シェア
83
118
0
101

Sponsored Contents