Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:

「iPhone SE」が月2980円〜、ビッグローブの格安SIMで提供開始。シャッター音を消せる個体も

シャッター音が消せる個体に当たればラッキー?

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年1月19日, 午後01:30 in iphone
578 シェア
210
212
0
156

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事


ビッグローブは、MVNOサービスのBIGLOBE SIMにおいて「iPhone SE」の取り扱いを1月19日に開始します。「アシストパック」に申し込むことで、端末と通信料金を含め月額2980円(税別)から利用できます。

BIGLOBE SIMのアシストパックは、SIMの通信料金に月額加算料を加えることで、端末を一括購入することなく毎月の定額料金で使えるようになるサービスです。iPhone SEの月額加算料は2080円 x 24か月(端末代金4万9920円)で、これを24か月間、毎月の通信料金と合算して支払うことになります。24か月以内に解約すると利用月に応じた解除料が発生します。

海外版を販売、シャッター音が消せる個体も

取り扱うiPhone SEは、海外向けの新品・または新品並みの品質を確認したメーカー整備品です。国内版との違いは端末の調達先によって異なるものの、カメラのシャッター音が鳴る・鳴らないなどの違いがあるとのこと。ACアダプタは「日本国内の規格に準拠していない」として非同梱、FaceTimeも使えないとしています。ストレージは16GB。カラーはゴールドのみ。メーカー保証は1年が付属します。

なお、アップルのオンラインストアでは、SIMフリー版iPhone SE国内版(16GB)が税別4万4800円で販売中。新品にも関わらずBIGLOBE SIM版より5000円も安い計算です。BIGLOBE SIM版は、新品か整備品か選べない上にACアダプタも非同梱という点で割高ですが、カメラのシャッター音が消せる個体に当たればラッキーかもしれません。

なお、1月29日から1月31日までの期間中に、iPhone SE 16GBに申し込んだユーザー限定で、端末料金(アシストパック)の月額加算料を24か月間200円引きの1880円にするキャンペーンを実施します。
Source: BIGLOBE
関連キーワード: apple, biglobe, biglobe sim, biglobesim, iphone, iphone se, mvno
578 シェア
210
212
0
156

Sponsored Contents