Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:

iPhone 8は指紋認証を刷新へ。湾曲全面OLEDディスプレイ化、3D Touchも高機能化の見込み

ホームボタンよ、何処へ行く

Munenori Taniguchi
2017年1月23日, 午後07:30 in Mobile
430 シェア
71
216
0
143

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

今年発売とされるiPhone 8は、iPhone 6~7までのデザインを一新するモデルとなり、OLEDディスプレイを搭載するとのうわさですが、新たな情報として指紋認証のTouch IDもまた、全く新しいものになるという話が出てきました。

発信元はアップル関連うわさ情報に詳しいKGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏。Kuo氏の話によると、iPhone 8 はベゼルレス化、縁が湾曲した全面OLEDディスプレイとなり、居場所がなくなるホームボタンは姿を消すとのこと。そして、Touch IDに関してはOLEDディスプレイの下に埋め込まれる格好になるとしています。

とはいえ、金属製のリングを必要とする現在のTouch IDセンサーでは画面下から指紋を読み取ることはできないため、新しいTouch IDセンサーはまったく新しい仕組みのものに置き換えられることになりそうです。Kuo氏はさらに、アップルは将来的に顔認証システムをiPhoneに取り入れることを考えており、いずれはTouch IDが不要になることもあり得るとしています。

顔認証システムはすでにPCやAndroid端末の一部で採用されています。ただ、その信頼性を完全なものとするには、顔写真でだませたり、暗い場所で使えないようなことがあってはなりません。また認証に時間を要してもいけません。Kuo氏は完全な顔認証への過渡的な対応として指紋認証と顔認証を組み合わせた方式が採用されることもあり得るといています。

一方で、iPhone 8にはそれ以外の変更もあるようです。たとえば既存の3D Touch機能は、湾曲するとされるOLEDディスプレイでは使うことができません。そのため、より高感度で多段階の圧力レベルを認識できるフィルム状のセンサに置き換わるだろうとのこと。

iPhone 8は今年のモデルであるため、仕様はそろそろ固まってきている段階のはず。とはいえ、この手のうわさ話は鵜呑みにせず、ある程度は割り引いて聴いておく必要があるのは言うまでもありません。

ところで、iPhone 8のホームボタンがなくなってしまうのであれば、アプリの切り替えはどうするのかもユーザーには気になるところ。少なくとも「Assistive Touchを使え」という冗談のような対応にはならないはずですが、「画面下部中央に常時仮想ホームボタンを表示する」というのもあまりスマートとも思えません。ハードコアなアップル/iPhoneマニアなら、納得がいく華麗な解決策を考えるだけでも、しばらくはご飯がおいしく食べられそうです。
430 シェア
71
216
0
143

Sponsored Contents