Sponsored Contents

VRの最新記事

Image credit:

お姫様抱っこVRも未発売デバイスも体験できる「JapanVR Fest.」レポート:週刊VR情報局

いつか出展する側に回りたい

Gian Suzuki , @giansuzuki
2017年3月3日, 午前11:30 in VR
181 シェア
33
73
0
75

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事


VRの展示会「JapanVR Fest.」が2月25日にベルサール秋葉原にて開催されました。JapanVR Fest.はVRコンテンツや周辺機器などの開発を行なうインディーズ系開発者たちの展示会&交流イベント。今回は45ものブースのなかから、特に注目を集めていたコンテンツをご紹介します。


・トランポリンで跳ねてダイエット!「DIETOON」(ハシラス)
トランポリンの上でジャンプしてプレイするダイエット目的のVRコンテンツ。真上にジャンプすると顔が向いている方向に進みます。VR空間の競技場内では空からボールや真珠が降ってくるので、他プレイヤーより多くゲットすることを競います。トランポリンの上とは言え、ずっとジャンプし続けているのでなかなかの運動量。そして意外なことに、不安定にジャンプしているのになぜかVR酔いしません。スポーツジムに導入されたら入会しちゃいそうです。


▲バックパック型のVR専用PCを背負いプレイします。両手でベルトをしっかり握っているので、トランポリンから落ちてしまうような不安感はありません。


▲これがDIETOONのなかの映像。カラフルでポップな世界観で、かなりハードな運動に勤しむわけです。


▲DIETOONの雰囲気がわかる動画を用意しました。この動画のゲーム映像は三人称視点ですが、プレイヤーに見えているのはもちろん一人称視点です。

・お姫様抱っこしながら魔物と戦うVR RPG「ソード&プリンセス」(ハシラス)

可憐なお姫様を抱っこしながら、凶悪な魔物と戦うVR RPGアトラクション。現実世界で抱いているのはHTC Viveのコントローラーが装着された水袋ですが、VR空間ではあれ不思議。アシンメトリーな三つ編みの前髪がキュートなプリンセスが勇者(プレイヤー)を見つめています。ゲームは、姫をかばいつつ敵の魔法を避ける前半と、プリンセスが変化した大剣を振るい魔物を攻撃する後半の2パートに分かれています。水袋の重みを調整すればダイエットに活用できそうですが、あまりの重さによろけるとプリンセスに叱責されるかもしれません。


▲これはタブレット端末に表示したプレイヤー視点のゲーム画面ですが、VR空間では胸の鼓動が伝わってきそうなもっと親密な距離でドキドキです。


▲愛する人を守りつつ戦うのは男にとって燃えるシチュエーションですが、端から見る実際の姿はどうにもこうにも恥ずかしいですね。

・父性愛・母性愛が沸き起こる!「Real Baby - Real Family」(チーム明るい家族計画)
赤ちゃんとの接し方を体験できるVRコンテンツ。「家族愛」を感じてもらうことをテーマに掲げており、赤ちゃんの抱き方、ミルクの飲ませ方、あやし方などをリアルに体験できます。体験前に自分の顔の写真を撮影し、その写真から赤ちゃんの顔が生成されるので愛着もひとしお。家族を持つこと、自分が子どもを授かることに実感のない方にぜひ体験していただきたいVRコンテンツです。


▲仕組み上仕方がないですが、赤ちゃんの頭からHTC Viveのハンドトラッキングコントローラーが生えている光景はちょっとシュールです。


▲筆者の赤ちゃんの抱き方は明らかにダメダメ。VR空間で見る赤ちゃんはあまりにもか弱そうで、これでも細心の注意を払っていたのです。

・大筆の書道パフォーマンスが気持ちイイ!「書道VR」(Mogura VR)
大筆の書道パフォーマンスはよく正月のバラエティー番組などで見ますが、実際にはなかなか体験できるものではありません。高価な道具を用意せずに、墨汁で部屋が汚れることも気にせず大筆を振るえるのがこのVRコンテンツ。VR専門メディア「Mogura VR」が開発しており、Steamでのリリースを予定しているとのことです。


▲筆が走っている間はハンドトラッキングコントローラーが振動しており、「書いている感」を伝えてきます。なお書き終わった書画はすぐにプリントアウト可能です。


▲今回体験したのは片手での書道パフォーマンス。できれば両手で持つような巨大な大筆でさらに迫力ある書道パフォーマンスに挑戦したいところです。

・発売間近?「VIVEデラックスオーディオストラップ」「VIVEトラッカー」(TSUKUMO)
「HTC Vive」を店頭販売しているPCショップ「TSUKUMO」は、発売日未定の「VIVEデラックスオーディオストラップ」と「VIVEトラッカー」を展示。まだ技適が取得されていない「VIVEトラッカー」は静態展示でしたが、「VIVEデラックスオーディオストラップ」は実際に装着して試せました。ショップにデモ機が到着しているということは、正式発売が近いのかもしれません。


▲あまりの人気に筆者は体験できなかったのですが、素速く装着可能で、音質もOculus Riftのヘッドホンと同等とのこと。日本発売が楽しみです!


▲「VIVEトラッカー」を装着すれば、あらゆるものがVRコントローラーとなります。


▲これは「VIVEトラッカー」の付属品一覧。さまざまな形状のものに装着できるようにアタッチメントが複数用意されるようです。

JapanVR Fest.で印象的だったのが若い開発者たちの熱気。VR元年が明けても、独自性を備えつつも、一刻も早いリリースを望みたくなるようなVRコンテンツが多数展示されていました。まだまだVRデバイスは高価なため一般層への普及には至っていませんが、高機能なスタンドアローン型、低価格なPC連携型がリリースされた暁には、今回展示されていたVRコンテンツなどにも後押しされて、爆発的にVRの普及が促進されることは間違いないでしょう。

関連キーワード: game, games, HTC Vive, oculus rift, VR
181 シェア
33
73
0
75

Sponsored Contents